スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-3000 MD-7000 Wave Radio/CD 小型コンポなどで気軽にレコードを聴きたい

今回は、修理依頼されたお客様からのご相談を聞いてみました。

「高級なオーディオ機器を保有している訳でもないが、手持ちのレコードをもう一度聴きたい」
昔はステレオセットにも凝ったが、今は堅苦しい事は出来ないしCD以降はノイズの無い音を聴いているからレコードに高音質は求めないので、兎に角あの頃のレコードを聴きたいんです、確かにCD化されていないレコードも結構、有りますよね・・・・。

私も仕事柄、高級機で今でも現役バリバリにレコードやオーディオに凝っている方々大勢に触れますが、意外にも「気軽に・・・」と言う方も多く、特別な音でなくて良いから値段も方法も簡単で手持ちのオーディオを活かせたらとのご希望多数です。

うん、簡単ですよ。
・・・で、以下の写真の様な感じになりました。
FI9.jpg

レコードを聴くにはレコードプレーヤーとアンプは必須ですが、LINE-INに単に接続しても非常に小さな音しか出ませんし、本来はレコードプレーヤーはPhono(フォノとか、フォーンと言います)入力端子に接続するものです。
レコード再生は簡単に言えば、「針を振動させ、その振動をコイルや磁石で音波信号に変換」しています。
この「音波信号」は、いわゆる電気信号で非常に電位レベルが小さい為、そのままではAMPやコンポのLINE-IN等に接続しても大きな音量に増幅する事が出来ません。
そこで、プレーヤーとAMPの間のレベル差を補う為に「フォノイコライザーアンプ」と言われる、レベル補正機器をその間に入れる事で解決が出来ます。

レコードプレーヤーは技術的深層が深く、この知識の話だけで何ページも掛かるので、このブログでは省きます。
ご興味のある方は、レコード再生の仕組みやレコードの技術と言ったキーワードで検索すれば、Web上に多くの関連記事がありますので、調べてみて下さい。

話を戻します。
このフォノイコライザーアンプと言うのは、レコードが主流の時代にはプリメインアンプなどに殆ど標準装備でしたが、昨今販売されている機器にはレコードプレーヤーを接続必要性が無い(過去の産物)事や好きな人向けの専用製品にしか装備されていません。
また、当時のカセットデッキやチューナーなどは同じ時代物でも、メカニズムの違いから出力レベルは、RCAまたはLINEレベル言う出力規格設計されている為に、最初から出力レベルのマッチングが出来ていますので出力自体のアップは必要ありません。
逆にレコードプレーヤー自体にはじめからフォノ回路が組込まれていて、再生側の機器側に単なるLINE-IN端子があれば、レコードを直接聴ける機器もありました。(SONYやオーディオテクニカなどからは、現在でも新規販売されています、1万円台~3万円程度)

でも、「お手持ちのレコードプレーヤーや安い中古レコードプレーヤーには、フォノアンプなし」である事も多く、これを前提に比較的チープで音が出せる方法を選んでみました。
安く済めば、後々高級な物が欲しくなった時にやり直しも利きますので、先ずはお試しを兼ねてチープチャレンジですかね。


FI4.jpg
さて、テストの為にSONY製の低価格帯の製品を入手してみました。
このプレーヤーは、リサイクルショップで\500円で入手したものです。(見易くする為、カバーは外してあります)
この価格でそのまま使えれば更にラッキーなんですが、レコード針・テーブル回転用の駆動ベルトを別途購入し、簡単に整備・調整をして、普通に使用出来るレベルにしました。
部品代なんて大した値段では有りませんし、調整もチョイチョイなので総額でも大した事はありません。

次に母機器との間に噛ませる、フォノアンプを用意します。

知っている貴兄も多いでしょう、べリンガー社のPP400です。
価格はいくら高いお店でも片手千円程度と非常に安いですが中々世間の評判も良く、S/N(機器ノイズ)も低いしマニアでもない限り、普通に使えます。
趣味と職業柄、波形確認や周波数特性の測定など、マニアチックな事をにやってしまう悪い癖が私にはあるので、ついつい内部のコンデンサーなどの電子部品や電源を変えて音の変化を試してみました。
結果、測定機のF特性(性能カーブみたいなものです)は良くなりますが、余分なコストや手間を掛けた割りには実聴は変わりは無い様に思いました・・・まあ、私の自己満足程度ですし、年齢から聞こえる周波数に制約が有りますからねぇ・・・笑
組み合わせる機器もチープですし、そのまま使用しても十分綺麗な音だったので全体にみても後悔はしないしょう。
講釈はマニアや解説屋さんにお任せする次第です。
FI2.jpg

ワンパッケージに本体、ACアダプターに日本語の接続マニュアルも付いていまいたので、その他に必要なものは機器間の接続ケーブルだけですね。
FI1.jpg  FI3.jpg

アンプや再生機と、このフォノアンプを接続する為のオーディオ用ケーブルです。
FI5.jpg
写真上は、オーディオ機器に接続する為の一般的なRCAピンケーブル。
実は、このフォノアンプの出力端子はRCA端子の他にステレオピンジャックも装備(直径6.3φタイプ)されており、こちらで出力する事も可能です。
再生機にスマホや携帯プレーヤーの接続をする時にも使用出来る、写真下のケーブルの方が便利ですね。
(ケーブルはミニピンの為、6.3φ変換アダプターを用意。 また、RCAとステレオジャックの併用は不可です)


RCAケーブを使用した接続はこんな感じ。
FI6.jpg

再生機は、SONY D-3000をチョイスしてみました。
D-3000の後面のLINE-INに接続
FI7.jpg

①それぞれの機器の接続が完了したら、D-3000のPowerをONにします。(注意:ボリュームは最小にする)
②フォノアンプのACアダプターをコンセントに繋ぎ、本体の電源表示LEDが点灯したら、準備完了。
③レコードプレーヤーの方の電源もON
④D-3000の上面スイッチのLINE-IN(AUX)を押して、外部入力機能にする。
⑤初めて音を出す場合は、適正位置が分からないのでD-3000のボリュームは小さめにしておきましょう。
⑥レコードプレーヤーにレコードをセットする(おっと、回転数やEP/LPのサイズの設定もお忘れなく)
⑦いよいよ、レコードに針を下ろして音楽スタート!(オートの場合は、STARTボタンを押す)
⑧必要に応じて音量調整。

今回は、SONYのD-3000の他、ONKYOのFRミニコンポでも試してみましたが、こちらもまずまず。
また、パソコン用のアンプ内臓スピーカーと直接ゝ続しましたが、普通に聴けましたよ。
FI10.jpg  FI11.jpg

チープコストで取敢えずとの試行でした。
特性や性能云々を言ってしまえば高級では無いですが、手元の懐かしいレコードを聴いてみたいと言う気軽なご希望でれば、さほどチープな音でもないし、気軽に使用出来る割に音自体はまずまず。(これだけで音質の要素は決まりませんが・・・)

試したレコードが古く、大した手入れもしていないので盤上のホコリと相まって、針が下りた時にはあの懐かしいプチプチ音が・・・そして、懐かしい音が聞こえて来ました。

昔は皆、少し震える指で緊張しながらレコードに針を下ろし、音に思いを馳せたものです。
言わば前儀式が如く面倒で手の掛かる時代の遺物かも知れません、でもそれだけに思い入れや情緒がありましたよね!
FI12.jpg

今後は、最近の接続方式「ブルートゥスでスマホの音をオーディオ機器にワイヤレスする」もやってみます。
パソコンのUSBとレコードプレーヤーを接続して、レコード録音~MY CD-Discを作るなんてのは、どうでしょうか???
どれも、出来る人からみれば簡単な事ですが、知りたいって方も意外に多いのです。

♪ご意見、お問合せ 先♪
※ブログへのご意見、コメントはブログメールにお願い致します。
※修理などのお問合せ、HPへの移動は下記にお願い致します。
◇北総テクニカルサービスに問い合わせる ⇒クリック
◆北総テクニカルサービスのHOMEに行く  ⇒クリック


ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村へ行く
スポンサーサイト

BOSE Wave Radio/CD ウェーブレディオ/CD CD再生不都合

久々のブログ更新です。

少し前のお話になりますが、BOSE Wave Radio/CD ウェーブレディオ/CD と言うオーディオのCDが再生しないの事、修理のご依頼が有りましたので、ご紹介致します。
WR1.jpg

記憶が正しければ、結構なお値段のするモデルで当時のオーディオ雑誌には必ず広告が掲載されていました。
何せ、このボディーに導波管みたい(腸といも言いますが・・・)な管がウネウネと仕込んであって、それが残響音効果をもたらす事で大型のスピーカーの様な深い奥行きと低音が実現すると言うもの。
確かにこの筺体の大きさからは、素晴らしい音が聞こえます。

この次の世代では、この残響管?を発展させて更なる・・を狙った様ですが、私的には音的にチョッチ深過ぎて重たい感じがしますので、好みが分かれるところでしょう。
本格的なオーディオと見れば、物足りない物のパーソナルユーズで気軽に良い音を求めるのなら、訳の分からないDSP-EQなんかの周波数操作よりは、自然の摂理を組み込んだこの機種は一押しですね。

取り敢えず上カバーを外すと、そのウネウネ管?残響管?のユニットが見えます。
WR10_20170522185016f6f.jpg

スピーカーは効果を最大に生かす為に左右違う特性のものを使用していますね。
この機種に限りませんがスピーカーの前面は、開いているので当然ながら、ホコリが山積していますから、掃除してピカピカにします、エッジは経年劣化で傷まない様に保護剤を塗布します。
WR7.jpg  WR6.jpg

クランケを受取り、お客様のご申請通りの不都合や全体の診断をしたところ。
・CD再生不可能
・FMラジオがたまに音声が消える(受信感度が低下する)
・たまに電源が勝手にOFFする
・上面スイッチの反応が悪い

先ずは、メイン基板の状態の確認と勝手に電源OFFとFM受信不都合の対処をします。
WR5.jpg
これもまた、どんな機種にも言える事ですが、セットの後方は電源回路や入出力端子があってここも排熱などの為に開いていますから非常にチリやホコリが溜まります。
こんな感じですごく汚れています、でもこのお客様のご愛用機が特別ではありません、殆どこう言う状態ですから、放っておけば熱が溜まって、基板や部品が傷んで品物の寿命を縮めます。
WR11.jpg  WR12.jpg

んでもって、対処としては、お掃除です!
WR13.jpg
WR14.jpg
但し、単純にゴシゴシやっても基板を痛めるので、除去器具と薬剤を使用して仕上げに表面保護します。

また、基板を洗う方がいますが私は絶対にやりません。
何十年も前の製品は工場の製造過程に「純水洗浄」とか「フロン洗浄」などと言う基板を洗う工程が有りましたが、工程短縮と環境保護から、民生品で基板洗浄を実施する事など、1990年中程からは殆どありません。
その為にハンダや部品は無洗浄を前提に作られているものも多数ありますので洗ってはまずいです。
大した設備もなく自然乾燥に頼ってしまう洗浄で有れば、かえって基板や部品を痛めます。
事実、ハンダ付け工程や基板に塗布されるフラックス剤は無洗浄プリフラックスと言う物が多く、これに湿気が混ざると白濁化して基板上に不純物が残ります。

で、基板が綺麗になったところで、ハンダの劣化状況を確認しましたところ、不都合の原因は単純でした。
ハンダクラックや劣化が原因で接触不良が起こっていた訳です。
WR8.jpg  WR16.jpg
電源分岐部のコネクターとFMアンテナコネクターの端子元のハンダ修正で機能は復活しました。
でも、これだけではありません。
接触不良に至らないまでも傷んでいる部分が多数有りますから、何十ポイントも故障予防でハンダ盛り・修正をしました。

次にCDユニットの整備をします。
この光レーザーピックアップユニットは堅実な設計と作りで結構、耐久性のある物ですので交換すればそれなりに長い期間の仕様に答えてくれると思います。
単に交換しても整備の意味が無いので、CDメカはモーター、リミットスイッチ、軸などの全体の整備も実施します。
WR4.jpg

スイッチの利きが悪いとのご指摘もあって、スイッチの交換かなと思い、、、CD蓋がスイッチユニットになっていますが何と、この機種のスイッチは簡単に分解出来ない接着構造です。
その上、内部のスイッチ盤は良くあるマイクロスイッチではなく、リモコンと同じカーボン端子基板!!
おおっと、俺に不可能は無いぜと言い聞かせながら、杵柄の腕前(大笑い)で分解します。
カーボン端子の摩耗も、有る程度の補修は出来るんです。(企業秘密)
WR3.jpg

問題点をすべて修理出来ましたので、仕上げに各部のクリーニングをして再組立します。
因みにセットの筺体は、水+洗浄剤で洗いました(こっちは水洗いOK)のでピッカピッカになりましたね。
WR2.jpg  WR15.jpg

その後、数時間・数日の動作試験とエージングでの問題発生もなく品質テストに合格しましたので、ご主人様の元へ退院されました、めでたし!

この機種、欲しくなりました。
私はラジオも良く聞きますし、目ざまし時計代わりに使えて音もす凄く良いから、ちょこっとキッチンや居間の棚の上、ベットや布団サイドでの使用何かには、うってつけですね。
中古でしか購入出来ませんが、良い中古屋さんなら手入れもしてあるし、一つ購入してみたいですね。

因みに、それ以降のWMSシリーズはスロットインCDでカッコ良いですが、一般修理店ではCD修理は不可能です。
何故、不可能化は次に記事に致しますがWMSのシステム上、部品交換や調整ではCD不良は直せませんので専門店でもない限りオークションやリサイクル店で保証なし品には、ご注意あれです。。


=== 弊社へのお問い合わせ等は、下記をクリックして下さい。===

◆北総テクニカルサービスのHOMEに行く
TSC.png
◇北総テクニカルサービスに問い合わせる

ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村へ行く

BOSE VIA 挙動不審?

2016年末も聞こえ始めた頃、なぜかBOSE-VIAの修理依頼が複数舞い込んで来ました。

V1.jpg

どんな、症状が多かったかと言うと・・・
「電源が入らない」、「パネルスイッチが利かない」、「MDが再生もイジェクトもしない」、「CDが再生しない」、「ボリュームが利かない」、「機能の切り替えが出来ない」など、常時であったり、たまにであったり・・・

その個々の症状はバラバラで、それぞれ原因が違う様に思ったのですが唯一傾向的なのは、上面スイッチが利かないとかレスポンスが悪いと言う、動作初期の問題である事。
また、機能が始まらないと言うよりは、機能が進まないと言った感じの症状を訴えている事が多かったのです。

機能の切換えやスタートは、上面のパネルスイッチで実行します。
このVIAのスイッチ部分は、以前も記事にした通り、内部の防塵用スポンジが経年劣化でガムの様な粘着物質に変化し、スイッチON-OFFの邪魔をする様になります。
V2.jpg
上パネル内部のスイッチ部分の構成

愛用者は、強くボタンを押し込む為にスイッチを壊したり、内部のマイクロスイッチの内部破損をおこしてしまったりする例が散見出来ました。(勿論、経年していますので自然にマイクロスイッチが劣化する事もあります。)
V55.jpg  V66.jpg
パネルスイッチの破損と特殊接着剤による補修

今回、これまでの多くの修理対応例であるスイッチ周りの補修は少なく、メイン基板上のある回路部分の部品破損が引き起こすセット機能の不審動作や動作不良の案件が多くありました。
これまで、同様の修理対応は全体の20%程度でしたが今回の複数修理対応数から、この部分が傷んでいる実数はこの数値に限らず結構、あるのでは無いかと思います。
V33.jpg

この場合の修理は、メイン基板の修理になります。
病巣はセットの内部を殆どバラした一番下のメイン基板に発生するのですが、当然、メイン基板を取り出す必要がありますので結構大変です。
また、必ず修理が出来るとも限らないと言う故障でもあります。

内部の電子部品の破損が原因と言いましたが、ただ単に対象の部品の破損で済んでいれば交換で良いのですが、実はこの破損状態に依ってはこの部品の周囲にある電子部品が影響を受けて劣化したり、基板回路自体が劣化して回路の導通が出来なくなる場合があります。
基板の表裏が傷んで回路が途切れるのであれば、リード線などでジャンパーしたりなどの基板自体の補修が出来ますが、多層基板と言って基板内部にも回路パターンがありますので場所に依っては直せない、影響がトランジスター程度なら補修実績はありますが専用のIC故障の併発などの例も有りますので絶対に直るとは限らないのです。。(弊社実績では、修復確立90%程度)

この破損部品の周囲を巻き込んだ劣化はいきなり進む訳ではなく、徐々に進行しますから早く気付いて対処する事が肝要で、永く放置すれば直せなくなる確率も高くなります、何か動物の病気に似てますね・・・
V44.jpg


別部分の修理依頼のVIAで、メイン基板を確認している最中にこの部品が破損寸前で発見され、大事に至らず部品交換が出来たラッキーな例もあれば、破損が酷く周辺まで劣化して修理不可能になった例など、様々です。
これまでの同例の確認ではこの部品は数社製の品物があり、その内の一社の部品に耐久性が低いものが存在しているのではないかと思われますので、このメーカーの部品が装着されたVIAを購入されたお客さんの機器が発症しているのでしょう。
(電子部品は半永久だと言う方がいますが全てがそう言う訳ではありません、5年や10年以上経過して故障すればメーカーも修理は難しいでしょうね。)

この製品は他社に製造委託をしている様ですので、設計元のBOSE自身は知らないのかも知れません。
委託先の会社(立派な大手メーカーです)では、同様の部品を数社から併行購入して基板実装(組立て)をしていると思いますが、その内の一社の部品が故障の引き引き金になっている(かも知れない・・・笑)様です。

何れにせよ、高価で最高の音質の製品には間違え有りませんから、早い手当てが長持ちの秘訣です。

◆北総テクニカルサービスのHOMEに行く
TSC.png
◇北総テクニカルサービスに問い合わせる


ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村へ行く

BOSE WMS CDが入らない

ここの所、ブログ更新をすっかりサボっていたのですが、知り合いから「商売やってんなら、記事を書けよ~」ってな感じでお叱りのお言葉を頂いたので、鋭意更新します。(まあ、サクッと・・・)

タイトルの通り「Bose Wave music system CD Discが入らないので診て欲しい」との話題です。

先ず、このBOSEと言う製品郡は様々あって、どれも非常に個性と実力に満ちたモデルが多いですね。
今回の機種は、比較的小振りですが例に漏れず、伸びやかな高音とサイズからは想像出来ない低音を持っています。
Bose_WMSIII_Graphite.jpg
うーん、何気なくリビングの一角や寝室の棚なんかにちょこっと置いても、実におしゃれなスタイルですね。
私もかなり様々な機器の修理を実行していますが、ヘビーに聞く単品のピュアオーディオは元より、パーソナルオーディオやラジカセなども数多くの修理を依頼されますが、今回の記事の様な一体型のモデルは、個人的にも好きなジャンルです。


さて、今回の「CDが入らない」の原因を探る為に先ずはお客様の申請道りの動作になるのか動作確認、次にセットの開封をして原因の追究と修理の可否について診断して行きます。
RIMG0065.jpg
開封して診て、最初に目に付いたのはCDのチャッキングプーリーが外れてCDドライブ内に転がっていました・・・

そして、CDドライブの状態は?
RIMG0067.jpg  RIMG0069.jpg
あらら、ディスクが乗るチャッキングモーター側のマグネットとディスクを押さえる為の受側のプリーがぁ~
そうなんです、ディスクを押さえる為の部位が全部外れているんです!

ディスクが挿入出来ないのは、単に分解した部品が邪魔になって、スロットイン出来なかったのです。
一方、仮にディスクが挿入出来たとしてもディスク回転する部分の押さえが効かないので、まとものディスクを再生する事も不可能であったと考えられます。
CDドライブを良ーく観察した所、幸いにして問題が発生して内部分解をした際にプレス板金部分やメカ各部・電気基板などには変な応力などは掛駆らなかった様で各部に問題は有りませんでした。
元部品でさCDドライブの再組み立てで出来ると言う事ですから、不幸中の幸いでした。

じゃあ、何でこの部分が分解してしまったのか?
推測ですが...「ディスクインした際、メカが自動挿入している最中にググッと必要以上に押してしまった」「ディスクのイジェクト時にメカ動作が終わる前に手で引っこ抜いた」のではないかと考えられます。

もしかしたら、ディスクがセットに挿入または排出される途中でAC電源の抜き差し(停電?)などをすると、中途半端な位置でメカ停止しているので、再ACをつないだ時にメカがスタックしてしまって、この様になったのかも知れません???

単に、スレッドモーター側のマグネットの接着に欠陥があって、通常動作で壊れた事も考えられます。
前者の原因であればオーナー様の取扱い注意で防げますが、後者原因であれば構成部品の耐久不良ですからクレームですね。


RIMG0071.jpg
CDの光ピックアップは、開封したのでレンズクリーニングと出力測定をして問題が無い事を確認しました。
以前、このピックアップの寿命交換をした事がありますが、耐久性は標準的で通常なら10年~15年は大丈夫でしょう。
※傷ディスクや録音が雑でビットエラーの多いCD-Rディスク(高速ダビングした物は殆ど)はピックアップ寿命を確実に縮めます。
※メーカーは新品時の製品寿命を4~6年と定めて設計していますので、それ以上は修理責任を持たない場合が殆どです。
※レーザーレンズのクリーニングにクリーニングディスクを使用してはダメ、最悪のケースではピックアップが壊れます。

詳細は省きますが、CDドライブを再組立てしてドライブ単でのディスク回転系やスレッド動作系、それとスロット稼動状態などに問題のない事を確認したら、セットに組んでセットの総合的な動作確認をします。
何らかの問題があれば、問題の原因をまたまた調査して修理する・・・と言う事になりますが、今回はすんなりOKでした。

セットを開封しましたので内部のホコリやチリを除去、せっせと大掃除をしながら全体を組上げますので、かなり綺麗になります。

今回も勿論、電気基板の健康状態を確認してハンダの劣化補修を致しました。
然程古い機種ではなかったので補修箇所は少なく、電子部品にも直ちに交換する必要のあるものは有りませんでしたので、全体の健康診断と軽いオーバーホールをやった様なものです。

故障が発生した事はアンラッキーですが、ものは考え様です。
故障が発生したら捨てるつもりで物を買う場合が多いですが、適当な時期に機器の健康状態を診て必要なメンテナンスをしていれば、かえって安く永く使用する事が出来る事も多く同じ様な故障が起きなければ、今回のメンテナンスが効いてこの先永くご使用出来るでしょう。

それでは、次回まで・・・

RIMG0073.jpg  RIMG0076.jpg  RIMG0075.jpg



◆北総テクニカルサービスのHOMEに行く
TSC.png
◇北総テクニカルサービスに問い合わせる


ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村へ行く

CDレシーバーのフロントパネルにiPhone iPod ウォークマンなどのLine入力を。。。

CDプレーヤーやラジカセなどの後面にLine-INを持っている機器が結構有ります。

修理を依頼してくれるユーザーの中には気軽に携帯オーディオを繋げて、ステレオで聴きたいと希望するお客様を散見します。
前回の記事でONKYO CD-185のお客様が、正にそのお一人でしたので対応してみました。

当初、セットの後面パネルにLine-INがあるので、RCA-ステレオ3.5φ変換のプラグを別購入して接続出来る旨をご説明しました
CR10.jpg
・・・・が、いちいち後面に手を伸ばすのも面倒だし、接続しっぱなしでケーブルを垂れ下げておくのもかっこ悪いし、必要な時にフロントパネルにコード一本で接続したい!との事。

2つの方法があります。
①フロントパネルにLine-INジャックを増設する。
 →設置場所に制約がある、オリジナルフェイスでは無くなる。。。などなど
②ヘッドフォンジャックをLine-INに改造する
 →ヘッドフォンが使用出来なくなる。

お客様は普段はHフォンで聴いているので、わざわざ部屋のオーディオはHフォンで聴かないから、取って良いとの事で案②で実行しました。

CR13.jpg
こんな感じに改造しました。

内部は改造ですから詳細は記載致しませんが、比較的簡単な改造で元へも戻せますので気軽に出来ます。
但し、接続負荷の関係からフロントとリアの端子に同時接続は出来ません。
自動切換えにも出来ますが、コスト高になりますので後面端子を使用しなければ、こちらの方が良いでしょう。

と言う様な、ユニークな改造のご紹介でした.


◆北総テクニカルサービスのHOMEに行く
TSC.png
◇北総テクニカルサービスに問い合わせる


ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村へ行く


プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。