ARIA PROⅡTA-70 by1981

久々のギターネタです。

RIMG0044.jpg
いわゆるジャパンビンテージギターです。
音質的には、Gibsonの3xxシリーズに近いですが、いわゆる乾いた枯音でかなり良いです。

セミアコとしては小ぶりのボディーですが、全体にガッチリしていて頼もしい感じ。。。
この上にTA-100と言う物がありましたが、むしろプロの方はこちらを選んで使用したと言う話がありますが
、現在でもこのTAシリーズは続いていて海外での評価もそこそこ良い様です。


RIMG0048.jpg
ボディー前後は現在の木目ラミネートタイプではなく、本物の木目で味がありますね。。


TA.jpg
80年初頭のカタログを見つけました。

当時の定価は\7万円との事ですが、この仕様で現在製作するとしたらとても同じ値段では無理でしょう、
35年分の経済進行を別としても、倍近いかそれ以上の価格になるかも知れません。

それでは!
スポンサーサイト

LIVE用機材の整備

RIMG0001.jpg
4月のLIVEに備えて、新たに入手したROLAND PA-AMPの入力ラインを製作しています。

この写真は、8CH(4+4)LINEのアンバランス(XSR)コネクターをシールドに接続中のものです。
このシールドは、それぞれ4Chに分散して集中的にノイズパスフィルターボックスにINして、ジーノイズを取る対策なのです。
全部で16個のコネクターを付けますが、なかなかの作業です。。

2DIN CD/MD カーオーディオの修理

RIMG0042.jpg
友人からカーオーディオの修理を依頼されましたのでちょこちょこっと見てみました。
ケンウッドの結構、以前の型ですがDSPやEQ搭載だったりして、当時の高級機です。

RIMG0045.jpg
CD/MDのレンズクリーニングと各メディアの動作時出力確認をそれぞれのドライブで実行。

RIMG0046.jpg
片チャンネルの音がおかしいと言う事で、パワーアンプ部の修理。。

んで、無事完了しました。
プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR