リモコン 修理 オーバーホール

RIM1.jpg

RIM2.jpg
テレビもリモコンの修理依頼です、既にバラしています。

最近、リモコンの反応が悪いまたは利かないと言う相談を受けましたので修理対応しました。
お客様曰く、メーカー購入すると数千円だしホームセンターでも結構するし機能ボタンの過不足や使い勝手も
悪いので、直せるものなら直したいとの事。

フムフム・・・確かに代替えもありますが、純正リモコンの使い勝手に慣れると、捨て難いのでしょう。
得てまた、有名メーカーでないと純正リモコン自体の購入が出来なかったり、代替えリモコンもない場合もあり
ますし、テレビ以外のオーディオや古い機種なども壊れたりすると困りますよね。

Hオフなんかで、同じメーカーの同じリモコンや同じメーカーの他機種で代用する手もありますが、そもそも動作
するが賭けになります。
また、頻繁に手にする物ですから、どこの誰の手垢や埃が擦り込まれているか表面を拭いた位では、ちょっと
気持ち悪いですよね。。
なので、お安く直したい!と、なったと仰ってました。

RIM3.jpg  RIM4.jpg
まず、汚い(お客様に謝り!)・・・
手垢以外に何かのカスや液体がこぼれた痕跡が結晶化してベトベトしていますね~、これが普通ですよね。
端子部分は、カーボンや端子面に汚れは少ない様に見えますが、酸化・劣化した表面が劣化して通電に支障
が出ていますので、それぞれの部位を特別な溶剤でクリーニング&坊錆処置をします。

RIM5.jpg  RIM6.jpg
綺麗になるものです。
バラして総クリーニングする訳ですから当然ですが、リモコンを健康にしておく=気持ちの健康みたいなところ
もありますよね~

写真は無いのですが、基板チェックをすると電池用の端子の半田にヒビが入っており、いずれは電源不良にな
る状態でしたので、半田補修しました。
また、機器を操作する為IC(リモコンの機能データやリモコン動作をする為の半導体)のリードピンの数本に半
田不足がありましたので、こちらも予防措置で補修しました。
(自慢になってしまいますが、勤め人時代に半田プロセスの勉強と実践があるので知識は豊富なのです。。)

RIM7.jpg
機能も中身も外見もすっかり綺麗になりました。

中身に関しては、カーボンや端子が劣化してクリーニングのみでは、機能復帰しないものもありますが大丈夫
です、直せます。
貴重な機種の貴重なリモコン修理も各種やって来ましたので、ICなどの破損でなければ殆ど直せますよ!!

TSC.png
http://irohatec.web.fc2.com/
スポンサーサイト

BOSE SSS-1 光ピックアップ 交換修理

BOP00.jpg
最近、徐々にオーディオ製品の修理依頼が増えています。
CDが読めないので直したいとの事、お問合せからのご連絡ですがお客様への症状の問診から
いくつかの原因を推測し、いくつかの修理パターンと簡易的な予測見積もりをお話しさせて頂い
たところ、兎に角送るので原因が分かり、修理出来るのならば見積もりが欲しいとの事で、応じ
ました。

内部の確認から、光ピックアップの劣化による出力不良との事で、部品交換と調整になる事、修
理費用の概算見積もり提示しました。
そのまま、修理して欲しいとの事で正式に修理対応させて頂きました。

先ず、CDはテスト用に使用している一般市販ディスク(予め特性の測定はしてあります)などで読
込み確認し、適当なタイトルの物もいくつか使用しましたが尽くダメでした。
そこで、基準信号Disk+オシロスコープでRF波形にチェックをしましたが、規定値の2/3程度。
BOP0s-

次にピックアップの出力調整VRを10度程度ずつ回転させて、出力が改善されるか確認しました。
最高でLowerVppの90%程度まで改善される様ですので恐らく、一般ん音楽メーカーのスタンプDisk
であれば、普通に読めそうですが傷の多いDiskやレンタル物、粗悪な安物タイトル(良く本などにつ
いてるCDや輸入物の怪しいDisk)などは、音飛びがあるかも??
まして、調整VR一杯ですからレーザー自体はもう精一杯で永くは持たないでしょう。。。

お客様にその辺りを説明して、部品交換となりました。。。まぁ、修理代金が変わるので勝手に交換
出来ませんが、片手内から+アルファ千円程度なので交換がGoodですね。
・・・と言う事で交換と調整でGOです。

BOP1s-.jpg
ピックアップ交換の為、本体からCDドライブを抜きました。。

更にBUアッセン→局所脱着と進みます・・
BOP2s-  BOP3s-

新旧部品の比較。。と言っても同じ物です。。
軸を入れたり、ギヤを再組したり・・・細かい写真は省きますが各部の脱脂とグリスアップ、あたり
確認や子部品の調節・確認など一応、プロらしい事は一通りやっています。
BOP4s-  BOP6s-  BOP7s-

ささっと仮組みして基準ディスクでRF測定しましたが、さすが新品だけあって規格値センター辺りで
バッチリな値が出ていました。
BOP8s-

この後、セットの局所の清掃やお客様のご要望点の残りをテキパキと進めて、最終的に動作確認と
数時間の動作検査他を全て実行して、めでたく完成しました。

光ピックアップには、レザーパワーの調整用の小さなボリュームがあります。
Webを見ると自己責任で調整をやって方ばかりですが、一般に測定器や知識がないと危険です。
レーザー光線ですからフルパワーで発行させれば、あっという間に劣化して使い物にならなくなりま
すので、様々な測定・調整・知識などの環境が整わず、いじるのは止めたいですね!

次も古いオーディオが待ってる~

TSC.png
http://irohatec.web.fc2.com/

SONY 70年代 ラジカセ 修理

SOR1.jpg
お盆に使用したいとのご依頼で、オールドラジカセの修理依頼が来ました。

懐かしい一品で素晴らしい機械、音は凄く良いです。
全てがアナログ!ですが、古き良き時代の郷愁と言うか暖かい感じがします。

カセットデッキが動作しない、ソース切り替え不能など
恐らく経年によって劣化した部分があって、部品を見てあげれば治るでしょう。

SOR2.jpg  SOR3.jpg

・カセット部はベルトの劣化による、メカ動作不良。
・スイッチ劣化による、機能選択の不良。
・一部のコンデンサー劣化による、ノイズの発生。
などなど・・・
何れも、小さな部分の調整・交換・組直しなどで、動作復帰しました。

性能が確保されているか、ワウフラッター測定やアンプの出力特性などの確認しました。
他に高級オーディオ並みの測定や改良をしますかとお聞きしましたが、立派な(過剰と仰っておりました)
事をやってもそれなりの性能だろうし、費用を掛けるより具合を見ながら定期診断でもしながら気軽に使っ
て行きたいと思うと言う事でした。
そう言う要求に、私は大賛成ですね。

機能回復して、エージングの為にテープ・ラジオ・レコードプレーヤ-(※)接続再生など、検査をするの
ですが、やっつぱり良い音。
何て言うのかハイレゾとか音の粒がどうのとかそう言う意味での良い音、では無いんですよね~。
私みたいなおっさん世代は枯れた(涸れ?か・・・笑)感性があって、それは高級機のスペック満足思
考では計れない想いや経て来た時間・・・みたいなものがあるんですよ。
若い頃、こう言うカッコいいラジカセを漸く手に入れて聞いた音とは、ラジオの深夜番組だったり憧れの
あの娘を思う流行り歌だったり・・・それが、こう言う音なんです!(すみません、力入っちゃいました)

この手のラジカセは好きな人は本当に好きで、未だに大切に使用している方も多い様です。
アンティークとして、故障品でも買われる方もいて、修理が出来るかなんて問い合わせもポツポツあり
ます・・・そう言う方々は高い修理代より、気軽に直せる価格を望んでいるみたいです。

TSC.png
http://irohatec.web.fc2.com/

スピーカーボックスの下駄を作って欲しいぃ?

SPB1.jpg
お客様。。。と言うより、知り合いの旦那様のお願いでスピーカーボックスの下駄を作って欲しいとお願い
されましたので、手持ちの杉棒でちゃちゃっと製作してみました。
良く大型のスピーカーの下にちょっとカサアゲした様な台が有るじゃないですか・・・あれです。

何でもやたらデカくて古い、何んとかって言うアメリカの有名なオールドスピーカーだそうで何十万円もす
るのだそうで、見に行ったところ確かにデッかくて、おおよその高さ120~130Cm位。
横幅×奥行きで50Cm×45Cmはあるので、小~中規模のライブ会場用のPAスピーカー位はあります。。
大きくて重くて持ち込みは断念して、下駄をお客さんの家に持って取付けになるでしょう。
今回は製作過程の記事です。

SPB2.jpg   SPB3.jpg
先ずは、本体より一回り小さい枠を製作します。

そんな高くて立派なものは要らないと言う事で元の材木は189×40×30の杉の粗材2本から切り出し、
今回は材料費は一本180円位でチープに。
あくまで杉材のみ単価で、他の材料費や作業費は同じく掛りますが、この寸法の木材だとそれなりの
材料を使うを一本1000円もしくはそれ以上の値段で、以外に高いのです。。

このところ、やたら気温が高く本日も35℃なので野外作業は、めっちゃくっちゃ辛かぁ~
スライス旋盤で目的の寸法に切って、枠組みはそそくさと室内作業。

SPB4.jpg   SPB5.jpg
枠組みは、四方をタフトボンド+内装用スクリューでガッチリ組んで、乾燥の為に一日は置きます。
写真には有りませんが、ビス頭は潜らせて木材パテで埋めます、接続部も溝が残る為、パテを入れて
あります。

翌日は研磨する為、再び室外作業。。。これが、また暑い暑い!
#500前後でパテと凸部分を粗削りし、整ったら#800を電動サンダーを使用して仕上げます。。
滴る汗が研磨中の木材にポタポタと・・・この暑さは本当にこたえますね、皆さんも熱中症には気を付け
て下さいね!!

SPB6.jpg   SPB7.jpg
研磨が終わると雑巾で研磨粉を落とし、塗装に入ります。
一度、ざっとスプレーして軽く粗を研磨し、もう一度塗り。。。

今回は、コンプレッサーやガンなどの塗装用品は今回、活躍しません。
最終的にブラックの化粧シートを貼るので、たまたまあった艶消しブラックのスプレー缶で下塗りを済ま
せます。。。なので、ウッドシーラーも塗布しません、兎に角チープにです。
まあ、そちらの方が作業費や材料費の節約になるのでお安く出来ますが。。。


SPB8.jpg
仕上げに、周囲に化粧シートを貼って仕上がりですね~。

シートも貼った後にめくりあがらない様に、幅は上下0.5mm位短めにカットしてあります。
ぐるりと貼ってあるので、割と長くいったんもめんみたいになりますので結構、面倒ですね、、何んせ切
り出すのので採寸しながらデザインナイフでチマチマ切って行くのですが、シートは保管時に丸めて有り
ますから切るとクルリン、切るとクルリン・・・ってな具合に巻けて巻けて、あーうっとおしい!

何だかんだでお安く済ませました。

うちは個人事業なので保有測定器などの関係で制約がある為、知識や経験があっても高級オーディオ
の調整を極める様な各種測定機の整備は出来ない(そう言う極依頼の時は、ショップを紹介しますが。
。。)ジレンマもあるのですが、どちらかと言うと極みを求めるよりはお安く気軽に修理をしたり、裾の広い
事をやったりして気軽でお安く、敷居が低いを目指す様にしています。

お金や高級機器を持っていて修理費用も潤沢にお支払い頂ければ様々な事が出来るのですが、困って
いる方へ庶民価格でやって行きたいのが信条なんです本当は。。。それって、何でも屋さんですかね?

TSC.png
http://irohatec.web.fc2.com/
プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR