DENON DCD-3300 修理委託

DCD1.jpg
今回は、ピュアオーディオの修理。
「CDが読めない、トレーのオープン・クローズが遅い」を修理せよとの指令です。

お客様の仰る不都合確認をしたところ、確かにその通りでした。
取り敢えず、ピックアップのレベルを確認します。
DCD2s-.jpg
やはり、レーザーが劣化しているかトラッキングが上手く行かないか・・・でしょうね。

DCD3s-.jpg DCD4s-.jpg
セットを分解して、CDドライブのメンテナンスに入ります。
今回記載は致しませんが勿論、それ以外の部分のチェックとクリーンアップはしますよ。

DCD5s-.jpg
経年の割には、比較的綺麗でしたがスス汚れはお約束です。
トレーIN/OUTが遅いとの事でそちらを先に。。。

DCD6s-.jpg
トレー問題は、経年で劣化したグリス固着・グリス切れ、イジェクトベルトの劣化によるスリップ
でしたので、大きな問題は有りませんでした。
この部分は、メンテナンスと言う事で殆ど全バラして、パーツを確認しつつ油脂削除と追加、微
調整で問題なくOKでしょう。
そうそう、以前に同じ機種のメンテをしましたが、トレー駆動の複合ギヤーの破損と軸受け穴の
亀裂と言う例があって、修理が大変だった事があります。
材質に依っては、経年破損する事も有りますね~。

DCD7s-.jpg  DCD8s-.jpg
ドライブの心臓部であるトラバースアッセンブリーです。
相当、重くてガッチリしています、当事のDENON(デノンではなくて、デンオンの時代)の設計者
の気合が感じられます。
今回、スピンドルやVCM関連の部分には問題が無さそうですから、こちらもメンテナンスと言う
範囲で完了です。

さて、元気の無くなったピックアップの交代です。
DCD9s-.jpg
このピックアップは大変、貴重な物です。
苦労して新品をどうにか手に入れられましたが、中々そこいらで手に入る品物ではありません。
値段も数万円します。
旧機種・名機とは言え、機種に依っては全く手に入らないピックアップも多く悔しい思いをした事
は何度もあります。
先日、とあるお問合せで、部品入手の困難から修理をお断りせざるを得無かった案件で、お客
様に大変な残念な思いをさせてしまい私自身、悔しかったです。。
CDの創世記1980年代半ばまでのセット、部品入手が大変、厳しいです。

DCD10s-.jpg
ピックアップ交代で、見事に復活しました。
この後、フォーカス・トラックのオフセットやゲイン、スピンドルRPMなどの微調整を経て終了。

最後に、予め点検補修された電源とメイン基板をクリーンアップされたシャーシと、このドライブが
シャーシにセットされ、総組み後の長時間試験を経てお客様のお手元に帰って行きました。

めでたし、めでたし!

HTS 北総テクニカルサービス
TSC.png
http://irohatec.web.fc2.com/


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

SONY Celebrity D3000 修理依頼

41b0DD9kYhLs-.jpg
SONY Celebrity シーリーズ

音飛びがするとの事で修理のご依頼です。
この、「SONY Celebrity」と言うシリーズは、SONYのカタログ販売モデルで普通にお店で購
入出来る製品では無かったんですよね。
これまでSONYは、D2010 D3000 D7000 と言うシリーズで高級ラジカセ(電蓄)と言う商
品を販売して来ましたが、価格も非常に高くて各モデルとも30万円前後と、お金のある人しか
新品では買えないものでしたね~。
価格は兎も角、そんなにオーディオに凝っていないけれど少しばかり高級で見栄えがするもの
・音質も良い品を・・・・と言う方も多いのではいのでしょうか?
特に中古市場で比較的、入手し易くそこそこの人気があるみたいです、品が良いから納得しま
すね、SONYは音が良い。

私もこの機種は、かなりの数量の修理対応をして来ましたので大体のウイークポイントは分か
ります・・・市場の不良傾向としては。。。
・CD読めなくなった →光ピックアップの劣化
・CD音飛ぶ →OP交換でダメな時は、回路や部品の劣化によるCD回転不良
・音出ず →原因様々
・ボタン類の表面コーティングの溶解 →除去可能
・電動扉の動作不良 →場合部品製作して対応可能、稀に直せない
・LCD液晶の表示不良 →部品不良が殆どで代替え無いと厳しい、照明は直る
などなど、色々な対応をさせて頂きました。

光ピックアップ交換は部品が手に入り易く価格も比較的安価ですので、弊社では部品交換の
みなら比較的安いですね。
分解再組の時間が機種によって異なる、何をするかに依りますが・・弊社の場合は内部クリー
ニングなどは付帯しますが、お客様の選択で何と何でいくら、それでは高いのでこれとこれだ
けやって安く上げて下さい・・・・などの個々工程別の対応も比較的し易い機種ですね。
オークションや中古屋で安く買ったから、直して!と言うケースも結構ありますね。

無題2s-
ざっと、分解・清掃をしてCD機構(トラバース)を切りhなします。

無題s-  RIMG0040s-.jpg
このアッセンブリーは、比較的スタンダードな造りです。
特に突端性能や奇をてらった部分もありませんが、それだけに壊れにくいし、修理し易いです。
写真の上側は、これから交換する新品ピックアップです。
右のピンボケ写真は、古い光ピックアップを取り去ったものです。

RIMG0053s-.jpgRIMG0050s-.jpg
CDがかからないとか音飛びがするなどの症状は、主にピックアップの劣化による光出力の低下
が原因である事が多いですが、別に原因がある事もあります。
部品交換しか出来ない修理屋さんでは対処出来ない部分ですが、基板やメカ陽動に原因があり
ます。

古い機種ですと基板上のコンデンサーをやたらと交換する方がいますが、私は間違っていると思
う事が多いです。
部位や特定メーカーに依っては電界コンデンサーの劣化は確かにありますが、経験からしてそん
なに簡単に壊れないですね・・・むしろ、ネット上の都市伝説かな?

機構部品への給油も同じ、鉱物グリスやスプレーオイルを樹脂部品に使えば、部品が劣化します。
以前、とあるリサイクルショップへ行ったら、このDVDプレーヤーはCRCしたら動くようになりました
等と堂々と記載して有りましたが知らないと言うのは怖いものです・・我々リペアー業はその場だけ
動けば良い訳ではなく修理以降、安心して使える様にとは考えるので毒は盛れません(^^)i

RIMG0086s-.jpg RIMG0085s-.jpg
光ピックアップを交換し周辺をメンテナンスしてから組み直し。
基準ディスクにて、ピックアップの波形確認をすると、見事に生き返っていました。
その他、トラッキング(データ追従性)、ジッター(周期ブレ)他の波形を確認して完成。

この後、数時間の動作試験や機能テストなどを経て完了になります。
以前、これらの波形(性能)チェックや長時間動作(エージング)など一切やらない修理屋さんも少な
くないと聞きますが、返却後の保障が不能になりますので弊社はきっちりやります。

ついでに、ボタン類やフットインシュレーターのベタツキ除去などのオプション追加もあって、メヤクチ
ャ綺麗になりました。
お客様に感謝のお言葉を頂く事も大変、嬉しいのですがこのセットがお客様の生活を潤し、可愛がら
れる事が一番、嬉しいですね。

では~


◆北総テクニカルサービスのHOMEに行く
TSC.png
◇北総テクニカルサービスに問い合わせる


ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村へ行く



SANYO MR-U4SL サンヨー おしゃれなラジカセ U4

SAN0s- (2)
今回は、久々のラジカセです。

SANYO MR-U4SL と言う小型ラジカセです。
ダックスフンドのイメージでU4ラジカセなんて呼称、皆さん覚えていますか?

この時代のラジカセは、SONY、AIWA、SHARP、ナショナル、日立などなど名だたるメーカーは大型化
する傾向がありましたがSANYOは小型精密化を狙っていたのか、U4は確固たる地位がありました。
また、U4シリーズは各年代の物が様々あって、このモデルは後期の熟成したモデル、カッコ良いです!

小型ラジカセと言っても馬鹿に出来ません。
現在の様にマイコンやモジュールがあれば何でも出来る時代ではないからです。
ほぼ同じ様なアナログの電子回路を如何にコンパクト設計するかがキーになります、基板設計だって
今はCADでササッとやりますが、この時代は手書き版下を作成して投影感光して作っていた様な時代
ですから、設計者の苦労も想像出来ます。

さて、オーナーは永きに渡って愛用した機器のカセットが動かなくなったので見て欲しいと私を訪ねて
くれました。
程なく、送られて来たササッとセット開封して病巣を確認します。
開けてみて最初に目に入ったのはセット内部の底面にベトベトした物質がテカテカと光っていて、触っ
てみるとヌルヌルした怪しい青色の液体でした。。

SAN0s- (8)  SAN0s- (9)  SAN0s- (7)
どこからこの液体が来るのか、臓物を剥ぎながら確認するとカセット蓋の裏側がしっとりしています。。
良ーく見ると、あら?カセット蓋のダンパーが液体まみれになっています。。。そうなんです、ダンパー
が経年劣化し、シールが磨耗した隙間から少しずつ染み出していました。。。ダンパーを開けると、す
っかりオイルは流れ出していました・・カセット蓋のインナーにも回っていて、埃を引きつけています。

オイルシールと言っても一体型なので、この部品の再生が出来ませんので同じ、または代替えを探し
たのですが何せ小型ラジカセですから、見つかりません。。。
オーナーには、訳を言って今回は部品交換をせず、クリーニングで終えましたが幸いMade in japanで
すね、ダンパーが無くても蓋止めはしっかりしていて開閉や耐久性には問題ありませんでしたのでご
容赦頂きました。

SAN0s- (3)
SAN0s- (4)
さーてさて、元々のオーナーの訴えはカセット回らずです。
当初、オーナーが仰っていましたが、回転伝導ゴムベルトが切れているのではないかとのご申請は
合っていました。
このゴムの長さを調査&実際にプーリー間を計って、適切な物を専用メーカーに注文入手して、正規
の位置に掛けます。
このゴムベルトは、長さだけではなくて太さも違い過ぎるとモーター回転が規定値と変わってしまいま
すのでオリジナルに準じた方がやっぱり良いので、正確なものを取り付けます。
総組み前にモーター回転数/ムラ/歪などを専用のテープと測定器でじっくり測定・調整して・・・はい
、元気になりました。
写真にはありませんが、メカ部もきちんと手を入れました、グリスも全て新たに打ち直してね。

SAN0s- (6)
SAN0s- (5)
メカ周りは埃で一杯でしたが、綺麗に分解して、お掃除ゝ!
陽動部分の異常が無いか点検したら、ゴムベルト装着して、グリスアップです。

基板を点検中に・・・うっ、さっきのダンパーの油がここにまで。。。幸いここだけですが・・・。
SAN0s- (10)
一部のハンダ付けもすっかり酸化して真っ黒で導通がない~!
原因は、あの上述した「ダンパーオイル」に間違え有りません、場合に依ってはこの部分の回路はダメに
・・・となると、大手術になります。

組成状態をいろいろと確認したのですが、幸い銅箔は大丈夫でした!
基板は銅箔で回路配線されていますが、ハンダ付けする部分はそのままの銅箔ですがハンダが不必要
な部分は防錆・絶縁の為、、レジストと言う保護インクでコーティングされています。
このコーティングが銅箔をしっかり守っていました。
一部、部品のハンダ付け部分が腐食していましたが、ここもハンダの酸化(黒化)までで、寸止め状態でし
たので、少しの補修で事なきを得ました。。。
勿論、コーティング層を粗取りして新たにコーティング材を塗りました。


SAN0s- (11)
セットの受け入れ時に気になった事がもう一点、AMとFMのラジオは針が共通で目盛りが2つ(AM/FM別)
ですよね。。これ、AMがずれています。
なので、AM回路の調整をして、あるべき目盛りでラジオ同調する様に調整をしました。。。んで、バッチリ!
ついでにゲインも調整して、本来の感度を取り戻しましたよ!

これで、修理関係はほぼ完了!

後は、せっせと各部のクリーンアップ&油脂交換・補給で元気を取り戻して貰いましょう。
スピーカーは外して掃除し、ネットも錆を落として同色で部分タッチアップ。
カセットの録再ヘッドやピンチローラーなど、せっせとお掃除(しないと特性の測定が出来ない)して、ちょっと
フキフキすると真っ黒ですー。(松井和代風)
その後、外装のメッキやプラスチックの表面研磨、入出力端子も全点、接点掃除。

そうそう、弊社では端子やボリューム類は全て専用の薬剤で処理します。
良く、ボリュームのガリを取るのに接点復活材を吹く人がいますが、銘柄を間違えると吹いた時は直りますが
何週間かしてダメになる事もあります。
我々は、お客様に永きに渡り使用して頂くので、こう行ったケミカル的な材料にはかなり気を使います。
ガリも直せないものは交換もありますが、貴重な部品の場合は部品を個々に分解して部品レベルから直しま
すが、これも表面処理をしておかないと、永く持ちませんね。
SAN0s- (12)

SAN0s- (14)  SAN0s- (13)  SAN0s- (19)
バラした時が大掃除の時期ですかね、手の届かないところまでやります。

SAN0s- (15)
SAN0s- (16)

メッキ部分もせっせと。。。
SAN0s- (17)
SAN0s- (18)

どうですか?綺麗になるでしょう?
こんな感じで、外装もあちらこちら綺麗にして行きます。
メッキ部分が綺麗になると、なーんかメチャクチャ嬉しいっすね!

今回は、かなりフルにリペアーしましたが、キャンペーン中だったので特に費用とお時間で勉強させて貰いま
した。
お客さんの喜びのお言葉も勿論そうですが、こう言う子(U4)が見るゝ元気になってまだまだ活躍すると思うと
それだけで嬉しいのです。
だって、こう言う類の機械って青春時代のアイテムでしょ?なーんか良いですよね!

SAN0s- (1)

では、またー!!

HTS 北総テクニカルサービス
TSC.png
http://irohatec.web.fc2.com/


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

続きを読む

BOSE PLS-1510 修理対応

1510_1s-.jpg
このシリーズで、DVD/CD対応になったモデル BOSE PLS1510です。

残念ながら、「記事は書くな、だけど載せろ」と言う事で短編です。
Disc認識系のNGの対応です。
1510_4s-.jpg
随分とDiscドライブもコンパクトになりましたね。

1510_3s-.jpg
これがDisc複合機のPUです。。。

と言う事でお客様のご希望で、記念写真の掲載のみで~す。


◆北総テクニカルサービスのHOMEに行く
TSC.png
◇北総テクニカルサービスに問い合わせる


ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村へ行く

BOSE PLS-1410 修理対応

1410_1s-.jpg
どう言う訳かここのところ、BOSE製品の修理や整備依頼が続けて来ています。
先ずは、CD機最後のモデルPLS-1410ですが、最近になってDiscトレーの出入りが遅かったり
Disc(CD)の読込みが悪いと言う事での相談です。

実はBOSE製品はラジカセやレシーバーなどの対応経験が結構ありますので、内部構造やウ
イークポイントなどの傾向を把握していて、お問合せ時の内容だけで大体は正確にお答え出
来るのですが、実物も見ないでいい加減な事も言えません。
ウチでは最初の見積もりよりも、実物診断後の金額の方が安くなったりする機械です。(^^i

1410_4s-.jpg
品物を受領後に動作確認をし、病巣を確認する為にささっと分解。

トレーの動作が緩和なのはトレー駆動用のゴムベルトが経年変化で伸びてしまった事でした。
1410_2s-.jpg  1410_3s-.jpg

ついでに半バラシの状態でCDドライブの動作を確認しましたが、CDの読み込みが悪くなっていた
のはピックアップの劣化ではなかったです。
CD-INしてからの凡その動作を解説しますが、トレーが奥まで入った後にトラバースアッセンブリー
(ピックアップ・ピックアップ駆動モーター・Disc回転モーターのユニット)を上げてDiscをチャッキグし
た後、レーザーを光らせて、その反射光でDiscの有無を認・・・Discが無ければパネルにNO-DISC
などの表示。。Discが有ったらDiscを軽く回して内周側のTOCを読みに行き、その結果(何分とか、
何曲とか)をパネルに表示。。と言うアルゴリズムで、大体はどこのメーカーも同じ様な初期動作を
します。

今回のセットはトレーがユルユルと力なくINする事で、最奥にまで到達出来ずにトラバースアッセ
ンブリーが微妙な位置で上がり切らない為に一連のDisc認識動作に移行出来なくなっていました。
勿論、ゴムだけのせいではなく、周辺のギヤやメカ周りのグリスが少なかったり固着していたりし
たので、設計上で重力に任せるはずの機構部分が渋くなっていて、その相乗的な作用と言えます。

この辺りを改善して、全く以って普通に動作・Disc再生する様になりました。
RF出力などを測定すると、規定値の7割しか有りませんでしたが市販Discであれば、問題無いで
しょう。
但し、レーザーは一定値を超えると急激に劣化します。
このセットのレーザーも調整すれば8~9割に出来ますが、これがお客様のご希望ならそうします
が私はお勧めしません。

規定値の1割ダウン程度なら、調整で賄いますが3割落ちですから調整しても永くは持ちません。
CD-Rなどを良く使う方なら、どこかで一気にダメになる事もあります。
幸い、この機器のピックアップは高くないので、どうセットをバラすのですから工賃が高くなる事も
ないので、永く可愛がりたいのであれば、片手以内で済む部品代ですからご負担をお願い致しま
した。(強要?)

1410_5s-.jpg
この機器を大事にしたいと仰る理解のあるお客様だったので、思わず前面パネルの内部クリンアッ
プをサービスしました。
機械を可愛がる人を私は尊敬しています、それは生活の中の様々なシーンでオーナーの為に働い
てくれる機械はどこか健気じゃないですか、この健気な機械を労わってくれるオーナーを尊敬しない
訳には行きません!ほんの私からのプレゼントですかね?

では、次もBOSEです。


◆北総テクニカルサービスのHOMEに行く
TSC.png
◇北総テクニカルサービスに問い合わせる


ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村へ行く




プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR