BOSE WMS CDが入らない

ここの所、ブログ更新をすっかりサボっていたのですが、知り合いから「商売やってんなら、記事を書けよ~」ってな感じでお叱りのお言葉を頂いたので、鋭意更新します。(まあ、サクッと・・・)

タイトルの通り「Bose Wave music system CD Discが入らないので診て欲しい」との話題です。

先ず、このBOSEと言う製品郡は様々あって、どれも非常に個性と実力に満ちたモデルが多いですね。
今回の機種は、比較的小振りですが例に漏れず、伸びやかな高音とサイズからは想像出来ない低音を持っています。
Bose_WMSIII_Graphite.jpg
うーん、何気なくリビングの一角や寝室の棚なんかにちょこっと置いても、実におしゃれなスタイルですね。
私もかなり様々な機器の修理を実行していますが、ヘビーに聞く単品のピュアオーディオは元より、パーソナルオーディオやラジカセなども数多くの修理を依頼されますが、今回の記事の様な一体型のモデルは、個人的にも好きなジャンルです。


さて、今回の「CDが入らない」の原因を探る為に先ずはお客様の申請道りの動作になるのか動作確認、次にセットの開封をして原因の追究と修理の可否について診断して行きます。
RIMG0065.jpg
開封して診て、最初に目に付いたのはCDのチャッキングプーリーが外れてCDドライブ内に転がっていました・・・

そして、CDドライブの状態は?
RIMG0067.jpg  RIMG0069.jpg
あらら、ディスクが乗るチャッキングモーター側のマグネットとディスクを押さえる為の受側のプリーがぁ~
そうなんです、ディスクを押さえる為の部位が全部外れているんです!

ディスクが挿入出来ないのは、単に分解した部品が邪魔になって、スロットイン出来なかったのです。
一方、仮にディスクが挿入出来たとしてもディスク回転する部分の押さえが効かないので、まとものディスクを再生する事も不可能であったと考えられます。
CDドライブを良ーく観察した所、幸いにして問題が発生して内部分解をした際にプレス板金部分やメカ各部・電気基板などには変な応力などは掛駆らなかった様で各部に問題は有りませんでした。
元部品でさCDドライブの再組み立てで出来ると言う事ですから、不幸中の幸いでした。

じゃあ、何でこの部分が分解してしまったのか?
推測ですが...「ディスクインした際、メカが自動挿入している最中にググッと必要以上に押してしまった」「ディスクのイジェクト時にメカ動作が終わる前に手で引っこ抜いた」のではないかと考えられます。

もしかしたら、ディスクがセットに挿入または排出される途中でAC電源の抜き差し(停電?)などをすると、中途半端な位置でメカ停止しているので、再ACをつないだ時にメカがスタックしてしまって、この様になったのかも知れません???

単に、スレッドモーター側のマグネットの接着に欠陥があって、通常動作で壊れた事も考えられます。
前者の原因であればオーナー様の取扱い注意で防げますが、後者原因であれば構成部品の耐久不良ですからクレームですね。


RIMG0071.jpg
CDの光ピックアップは、開封したのでレンズクリーニングと出力測定をして問題が無い事を確認しました。
以前、このピックアップの寿命交換をした事がありますが、耐久性は標準的で通常なら10年~15年は大丈夫でしょう。
※傷ディスクや録音が雑でビットエラーの多いCD-Rディスク(高速ダビングした物は殆ど)はピックアップ寿命を確実に縮めます。
※メーカーは新品時の製品寿命を4~6年と定めて設計していますので、それ以上は修理責任を持たない場合が殆どです。
※レーザーレンズのクリーニングにクリーニングディスクを使用してはダメ、最悪のケースではピックアップが壊れます。

詳細は省きますが、CDドライブを再組立てしてドライブ単でのディスク回転系やスレッド動作系、それとスロット稼動状態などに問題のない事を確認したら、セットに組んでセットの総合的な動作確認をします。
何らかの問題があれば、問題の原因をまたまた調査して修理する・・・と言う事になりますが、今回はすんなりOKでした。

セットを開封しましたので内部のホコリやチリを除去、せっせと大掃除をしながら全体を組上げますので、かなり綺麗になります。

今回も勿論、電気基板の健康状態を確認してハンダの劣化補修を致しました。
然程古い機種ではなかったので補修箇所は少なく、電子部品にも直ちに交換する必要のあるものは有りませんでしたので、全体の健康診断と軽いオーバーホールをやった様なものです。

故障が発生した事はアンラッキーですが、ものは考え様です。
故障が発生したら捨てるつもりで物を買う場合が多いですが、適当な時期に機器の健康状態を診て必要なメンテナンスをしていれば、かえって安く永く使用する事が出来る事も多く同じ様な故障が起きなければ、今回のメンテナンスが効いてこの先永くご使用出来るでしょう。

それでは、次回まで・・・

RIMG0073.jpg  RIMG0076.jpg  RIMG0075.jpg



◆北総テクニカルサービスのHOMEに行く
TSC.png
◇北総テクニカルサービスに問い合わせる


ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村へ行く
スポンサーサイト
プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR