スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOSE VIA 挙動不審?

2016年末も聞こえ始めた頃、なぜかBOSE-VIAの修理依頼が複数舞い込んで来ました。

V1.jpg

どんな、症状が多かったかと言うと・・・
「電源が入らない」、「パネルスイッチが利かない」、「MDが再生もイジェクトもしない」、「CDが再生しない」、「ボリュームが利かない」、「機能の切り替えが出来ない」など、常時であったり、たまにであったり・・・

その個々の症状はバラバラで、それぞれ原因が違う様に思ったのですが唯一傾向的なのは、上面スイッチが利かないとかレスポンスが悪いと言う、動作初期の問題である事。
また、機能が始まらないと言うよりは、機能が進まないと言った感じの症状を訴えている事が多かったのです。

機能の切換えやスタートは、上面のパネルスイッチで実行します。
このVIAのスイッチ部分は、以前も記事にした通り、内部の防塵用スポンジが経年劣化でガムの様な粘着物質に変化し、スイッチON-OFFの邪魔をする様になります。
V2.jpg
上パネル内部のスイッチ部分の構成

愛用者は、強くボタンを押し込む為にスイッチを壊したり、内部のマイクロスイッチの内部破損をおこしてしまったりする例が散見出来ました。(勿論、経年していますので自然にマイクロスイッチが劣化する事もあります。)
V55.jpg  V66.jpg
パネルスイッチの破損と特殊接着剤による補修

今回、これまでの多くの修理対応例であるスイッチ周りの補修は少なく、メイン基板上のある回路部分の部品破損が引き起こすセット機能の不審動作や動作不良の案件が多くありました。
これまで、同様の修理対応は全体の20%程度でしたが今回の複数修理対応数から、この部分が傷んでいる実数はこの数値に限らず結構、あるのでは無いかと思います。
V33.jpg

この場合の修理は、メイン基板の修理になります。
病巣はセットの内部を殆どバラした一番下のメイン基板に発生するのですが、当然、メイン基板を取り出す必要がありますので結構大変です。
また、必ず修理が出来るとも限らないと言う故障でもあります。

内部の電子部品の破損が原因と言いましたが、ただ単に対象の部品の破損で済んでいれば交換で良いのですが、実はこの破損状態に依ってはこの部品の周囲にある電子部品が影響を受けて劣化したり、基板回路自体が劣化して回路の導通が出来なくなる場合があります。
基板の表裏が傷んで回路が途切れるのであれば、リード線などでジャンパーしたりなどの基板自体の補修が出来ますが、多層基板と言って基板内部にも回路パターンがありますので場所に依っては直せない、影響がトランジスター程度なら補修実績はありますが専用のIC故障の併発などの例も有りますので絶対に直るとは限らないのです。。(弊社実績では、修復確立90%程度)

この破損部品の周囲を巻き込んだ劣化はいきなり進む訳ではなく、徐々に進行しますから早く気付いて対処する事が肝要で、永く放置すれば直せなくなる確率も高くなります、何か動物の病気に似てますね・・・
V44.jpg


別部分の修理依頼のVIAで、メイン基板を確認している最中にこの部品が破損寸前で発見され、大事に至らず部品交換が出来たラッキーな例もあれば、破損が酷く周辺まで劣化して修理不可能になった例など、様々です。
これまでの同例の確認ではこの部品は数社製の品物があり、その内の一社の部品に耐久性が低いものが存在しているのではないかと思われますので、このメーカーの部品が装着されたVIAを購入されたお客さんの機器が発症しているのでしょう。
(電子部品は半永久だと言う方がいますが全てがそう言う訳ではありません、5年や10年以上経過して故障すればメーカーも修理は難しいでしょうね。)

この製品は他社に製造委託をしている様ですので、設計元のBOSE自身は知らないのかも知れません。
委託先の会社(立派な大手メーカーです)では、同様の部品を数社から併行購入して基板実装(組立て)をしていると思いますが、その内の一社の部品が故障の引き引き金になっている(かも知れない・・・笑)様です。

何れにせよ、高価で最高の音質の製品には間違え有りませんから、早い手当てが長持ちの秘訣です。

◆北総テクニカルサービスのHOMEに行く
TSC.png
◇北総テクニカルサービスに問い合わせる


ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村へ行く
スポンサーサイト
プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。