BOSE Wave Radio/CD ウェーブレディオ/CD CD再生不都合

久々のブログ更新です。

少し前のお話になりますが、BOSE Wave Radio/CD ウェーブレディオ/CD と言うオーディオのCDが再生しないの事、修理のご依頼が有りましたので、ご紹介致します。
WR1.jpg

記憶が正しければ、結構なお値段のするモデルで当時のオーディオ雑誌には必ず広告が掲載されていました。
何せ、このボディーに導波管みたい(腸といも言いますが・・・)な管がウネウネと仕込んであって、それが残響音効果をもたらす事で大型のスピーカーの様な深い奥行きと低音が実現すると言うもの。
確かにこの筺体の大きさからは、素晴らしい音が聞こえます。

この次の世代では、この残響管?を発展させて更なる・・を狙った様ですが、私的には音的にチョッチ深過ぎて重たい感じがしますので、好みが分かれるところでしょう。
本格的なオーディオと見れば、物足りない物のパーソナルユーズで気軽に良い音を求めるのなら、訳の分からないDSP-EQなんかの周波数操作よりは、自然の摂理を組み込んだこの機種は一押しですね。

取り敢えず上カバーを外すと、そのウネウネ管?残響管?のユニットが見えます。
WR10_20170522185016f6f.jpg

スピーカーは効果を最大に生かす為に左右違う特性のものを使用していますね。
この機種に限りませんがスピーカーの前面は、開いているので当然ながら、ホコリが山積していますから、掃除してピカピカにします、エッジは経年劣化で傷まない様に保護剤を塗布します。
WR7.jpg  WR6.jpg

クランケを受取り、お客様のご申請通りの不都合や全体の診断をしたところ。
・CD再生不可能
・FMラジオがたまに音声が消える(受信感度が低下する)
・たまに電源が勝手にOFFする
・上面スイッチの反応が悪い

先ずは、メイン基板の状態の確認と勝手に電源OFFとFM受信不都合の対処をします。
WR5.jpg
これもまた、どんな機種にも言える事ですが、セットの後方は電源回路や入出力端子があってここも排熱などの為に開いていますから非常にチリやホコリが溜まります。
こんな感じですごく汚れています、でもこのお客様のご愛用機が特別ではありません、殆どこう言う状態ですから、放っておけば熱が溜まって、基板や部品が傷んで品物の寿命を縮めます。
WR11.jpg  WR12.jpg

んでもって、対処としては、お掃除です!
WR13.jpg
WR14.jpg
但し、単純にゴシゴシやっても基板を痛めるので、除去器具と薬剤を使用して仕上げに表面保護します。

また、基板を洗う方がいますが私は絶対にやりません。
何十年も前の製品は工場の製造過程に「純水洗浄」とか「フロン洗浄」などと言う基板を洗う工程が有りましたが、工程短縮と環境保護から、民生品で基板洗浄を実施する事など、1990年中程からは殆どありません。
その為にハンダや部品は無洗浄を前提に作られているものも多数ありますので洗ってはまずいです。
大した設備もなく自然乾燥に頼ってしまう洗浄で有れば、かえって基板や部品を痛めます。
事実、ハンダ付け工程や基板に塗布されるフラックス剤は無洗浄プリフラックスと言う物が多く、これに湿気が混ざると白濁化して基板上に不純物が残ります。

で、基板が綺麗になったところで、ハンダの劣化状況を確認しましたところ、不都合の原因は単純でした。
ハンダクラックや劣化が原因で接触不良が起こっていた訳です。
WR8.jpg  WR16.jpg
電源分岐部のコネクターとFMアンテナコネクターの端子元のハンダ修正で機能は復活しました。
でも、これだけではありません。
接触不良に至らないまでも傷んでいる部分が多数有りますから、何十ポイントも故障予防でハンダ盛り・修正をしました。

次にCDユニットの整備をします。
この光レーザーピックアップユニットは堅実な設計と作りで結構、耐久性のある物ですので交換すればそれなりに長い期間の仕様に答えてくれると思います。
単に交換しても整備の意味が無いので、CDメカはモーター、リミットスイッチ、軸などの全体の整備も実施します。
WR4.jpg

スイッチの利きが悪いとのご指摘もあって、スイッチの交換かなと思い、、、CD蓋がスイッチユニットになっていますが何と、この機種のスイッチは簡単に分解出来ない接着構造です。
その上、内部のスイッチ盤は良くあるマイクロスイッチではなく、リモコンと同じカーボン端子基板!!
おおっと、俺に不可能は無いぜと言い聞かせながら、杵柄の腕前(大笑い)で分解します。
カーボン端子の摩耗も、有る程度の補修は出来るんです。(企業秘密)
WR3.jpg

問題点をすべて修理出来ましたので、仕上げに各部のクリーニングをして再組立します。
因みにセットの筺体は、水+洗浄剤で洗いました(こっちは水洗いOK)のでピッカピッカになりましたね。
WR2.jpg  WR15.jpg

その後、数時間・数日の動作試験とエージングでの問題発生もなく品質テストに合格しましたので、ご主人様の元へ退院されました、めでたし!

この機種、欲しくなりました。
私はラジオも良く聞きますし、目ざまし時計代わりに使えて音もす凄く良いから、ちょこっとキッチンや居間の棚の上、ベットや布団サイドでの使用何かには、うってつけですね。
中古でしか購入出来ませんが、良い中古屋さんなら手入れもしてあるし、一つ購入してみたいですね。

因みに、それ以降のWMSシリーズはスロットインCDでカッコ良いですが、一般修理店ではCD修理は不可能です。
何故、不可能化は次に記事に致しますがWMSのシステム上、部品交換や調整ではCD不良は直せませんので専門店でもない限りオークションやリサイクル店で保証なし品には、ご注意あれです。。


=== 弊社へのお問い合わせ等は、下記をクリックして下さい。===

◆北総テクニカルサービスのHOMEに行く
TSC.png
◇北総テクニカルサービスに問い合わせる

ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村へ行く

スポンサーサイト

ブログ更新、サボっています。

ブログ更新を怠っています。
また近いうちにアップデートしていますので、お許しを。

リクエストをくれた方々には申し訳ありませんでした。
プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR