スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONY MHC-S70 修理

SM701.jpg

CDチャンジャーとカセットデッキが動作不良と言う事で修理依頼をお受け致しました。

この機種のラインナップではMHC-S90と言うセットが有名で、その一つ下のグレードになります。
以前、S90も修理した事がありますがAMPなどの機能が違うだけで、その他の部分は殆ど流用設計の様です。

先ずは、カセットデッキから。。。
SM702.jpg
これは、これから修理がに入ろうかとパチリ、記念撮影。

カセットデッキと言うと定番は、ゴムベルトの劣化です。
SM704.jpg SM703.jpg
このセットも同様でベロンベロンに溶けていますね~、SONYのゴムベルトは樹脂ゴムを使用している事が多いのでこんな感じで加水分解して時間と共に溶けて行きます。
除去は簡単なんですが、後始末が大変です・・・何せ、溶けたゴムをうっかり床カーペットに落としたり衣服に付着させると二度と落ちません! 手に着いた汚れも石鹸じゃ落とし切れず・・・まるで、溶解人間ゴム!

と、まあ
おふざけ(以外に親父ギャグは楽しんでる・・・)はこの位にして・・・さっさとメカ全般の定番メンテナンスをして、新しいゴムを掛けて動作確認へとなります。
このデッキメカは、比較的永い期間に様々な機種に使用されていたのでスタンダードなんですが、欠点としては経年すると、内部の樹脂部品が崩壊して行くケースが多いです。
基本的にはパナ程、弱いメカではないのですが、致命的なケースがあります。

これです。。。分かる方は、修理経験が豊富な方ですね。。
SM705.jpg
写真上部のギア部分に亀裂が入っているのが分かると思いますが、これが発生すると基本的には直せません。
デルリンと言う樹脂で出来ていて、本来は非常に粘りのある丈夫な材料なのですが、金型のタイバー部分なのかも知れませんが弱い部分があって、そこが徐々に亀裂が入り最終的には破断します。
打ち込まれたモーター軸径より当然、保持側の樹脂穴径は小さい訳ですが、このモーター軸の外径圧の分が常に穴を押し広げ様としている訳ですから、当然と言えば当然なんです。
現在の製品設計では、樹脂使用で穴と棒の寸法関係をもう少し分かって設計しているとは思いますが(?)当事物はこうなるケースが多いですね・・こうなるとこの材質は接着が聞きません方ので交換が必要です。
場合に依っては、亀裂が小さいうちに樹脂金属合成やカーボン樹脂系の接着剤で周囲をシールして対処する事もありますが、元々の耐久性の確保は難しいですね。

このギアに亀裂が入りと、一周毎に(写真下の)ギヤとかみ合い不都合が発生し、定常的にカシャカッシャとメカノイズが発生します。
また、ギアが完全に滑り出すとカセット再生不能になります。
カセット再生不都合はゴム要因だけではなく、意外と他にもあるんです・・・因みにパナ製のカセットデッキはゴムベルトより、ギヤ材質の問題でギヤ自体がボロボロになって再生不能に陥る事が殆どです。。また、別の機会にご紹介しましょう。

今回は、手持ちにストック部品があったので、交換して無事に動作する様になりました。
スペース上、記載しませんが、ヘッド系のクリーニングを実施した後、再生回転の調整やワウの測定など性能チェックと調整をして完了です。
勿論、TAPE認識スイッチなどの細かい電気部分も一通りメンテナンスするのは当然です。

次にCDチェンジャーです。
SM706.jpg
いきなりバラした写真から入ります。

先ず、ゴムベルトです。
5枚のCDは5段のトレーに載りますが、この部分はそのトレーを引っ張り出す動力源はモーター、モーターはゴムベルトを介して横方向のトレー引き出し様のギアを回転させています。
このゴムも張っている様に見えてスリップを発生させている事が多いです。
このゴムを替えますが・・・それで終わりではないんです。

SM708.jpg
そのゴムで駆動したギヤは、更にトレーを実際に出し入れする駆動部のベルトを駆動させています。
このベルトには、歯がついていて車で言えばタイミングベルトと同じ様な構造の物。。私たちは一般にバンドーベルト(本来はバンドーベルト社の名称、他社製も沢山あります)と言っています。(これがバンドー社製かは分からないのですが。。。)

このベルトも伸びています。
伸びると、トレーが最出/最納位置に来ないので検出スイッチをON出来ない為、適切に動作出来ません。
僅か1~2山伸びてもダメです。
これは、ちょうど良い寸法の代替えがないので、新品若しくは既存装着品を寸法加工して装着します。

そうそう、この機種(に限らないかも知れませんが・・)は、電源ONした後にCDメカの初期化をするらしく、駆動用の各種ゴムベルトがヘタってメカが上手く動かないと、前面パネルに何も表示してくれません、消灯したままです。
つまり、何も表示しないのでオーナーは完全に故障したと解釈してしまうのです。。。酷いですね~
CDが読めないとかは、NO CDとか表示するのです・・・

SM707.jpg
これが、チェンジャーメカの下側です。
長くて細いゴムベルト、これは溶けたり伸びたりしてシャーシの下に落ちているのを良く見ます。。
このベルトはCDメカ自体の駆動に使われていますが、長すぎますね・・・しかも横に張ってあるので最悪。。

その他、逆サイドにはトレーを上下させるモーターとゴムベルトがあります。
チェンジャーだけで、合計4本のベルトを使用しています。

SM709.jpg
メカを直して、CDの読込み確認をしたところ、レーザー出力が規定下限値一杯で音飛びが発生していましたので、ピックアップの交換をしました。
良く、ボリュームを回して短い寿命と交換にレーザー出力を上げてしまう修理屋さんがいますが、ダメです。
ハードオフで買ってきたものをちょいちょいといじって、直ったぞーって感じでやってもダメです・・・CD再生で何らかの支障が派生しだした場合、レーザー出力の調整をしても一時的な措置で長持ちしません。
寿命の下降線には入った部品にカンフル注射しても、長持ちしないと言う事です。
調整が利くのは規定値内または近辺であるが、CD再生で問題が無く金も無い(笑)と言う時だけです。
寿命に変わりは有りませんが、直ぐにダメにはならないでしょう、保障は出来ませんけれどね。。

SM710.jpg SM711.jpg
最終的に表示パネルやセット内部のクリーニングや端子クリーニングで仕上げます。

複合機は時間と手間がかかります。
だからこそポイントポイントはしっかりやって、再び開封・・はしたくない訳です。

このセットの修理を依頼された方は比較的ご年配の方で、セットは息子さんが学生の頃に使用していたとの事。
息子さんが自立してから年月が経っても、親として大切に保管していたそうです。
そう言えば、納品先のご住所・ご氏名が違います・・そう、息子さんが息子さんのご家族と新居を構えたのを記念にお父様が息子さんへの思い出を修復してプレゼントに、と計画された修理だったのです。

私は、自分の息子にあげられる物は、まだ無いのですが。。。トホホ

HTS 北総テクニカルサービス
TSC.png
http://irohatec.web.fc2.com/


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。