スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の目覚め

RIMG0037.jpg
虎の子の逸品、1980年のTA-70です。
TAにもいろいろな種類がありますがこれは結構、初期型ですがとても贅沢な造りです。
セミオールドの国産ギター&ベースは非常に人気がありますが、単に材料が良いだけではなく、楽器として成立しているものが最高なのです。何でも古きゃあ良いってもんじゃない訳ですな、うん。


RIMG0038g.jpgRIMG0040g.jpg
次が虎子(いつから虎子や!)の2番目です。
ギブ君ジュニア1982年ですが、PUはオリジナルのP100からダンカンのジェフベックにしてコイルタップスイッチを増設しています。
この手のモデルにはP90と相場が決まってる節がありますが、自分的にはスタイルとマホボディの鳴りが好きなんだけどどうもP90だと、音楽的に使い道がなく。。。
いろいろとPUも変えたけど、結局は今のJベックもイマイチで少し前に付けていたSH59がマッチング的には良かったと思います。。。ので近いうちにSH59に戻します。

このギターは本当に気に入っていて、10数年前にわざわざこの年代のモデルを狙って買ったんだけどね、ネックの太さ/Oマチックのエンド/グローバーミニなど、歴代シリーズでは一番自分に合っていてチューニングも狂わないので、とても気に入ってる。
でも、Oマチの外見とノイズレスP100の搭載でのお陰で市場評価は低く、この年代物は低人気。。。でも、メリットのある私には、とっても・ね・ら・い・め。

さて、この2台を中心に活躍再開します。
アコやベースも今後、紹介予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。