ONKYO CR-185 CD再生不良 修理

CR1.jpg
言わずと知れた、オンキョー CR-185シリーズ
小型な筐体に高音質の名機、この機械の音質に惚れて使い続けている方も大勢いらっしゃいますね。

CDが読めなくなったので、修理がしたいとのお問合せで症状と原因の確認をして修理受付となりました。
その他、iPhone iPod ウォークマンタイプのヘッドフォンステレオなどを外部入力したいが、接続出来ないかと言うご希望です。

先ずは、修理概要。。。外部入力は、別ページでお話します。


このシリーズは、弊社でも5~6台程度の修理対応の経験があります。
とても良い機種ですが小型高性能が故、パーツがギッシリで機内温度が上がり安く、加えてチリやホコリが溜まれば故障原因となる事は想像に易いですね・・・
CR2.jpg
ざっと、セットを開封して大まかな構成要素です。
これは、修理事後の写真で、内部をピカピカにしています。


CR4.jpg  CR3.jpg
CDが読み込まない理由は光ピックアップの劣化が原因でしたが、年式から診てそうろそろ寿命でしょう。
ここは、先々の耐久性を考慮に変な調整で延命せずに新品に交換します。
この機種のピックアップはプリアンプ内蔵型です・・

但し、ピックアップ交換だけで、正常動作に戻らない固体も多いのがこの機種の特徴でもあります。
トレーが自動で出入りしたり、CDが回転しなかったりの症状が合併している場合もありますが、それなりの理由があり、弊社では他の部分に問題がなかったとしても、動作に関連する部分は、全て点検します。

CR5.jpg
これは、DiscトレーのIN-OUTやCDメカの上下動作をさせる為にしようされている、ゴムベルトです。
ゴムベルトも10年程度で交換が必要な部品の一つです。
今回の固体の動作には問題ありませんでしたが、点検すると一部が傷んでおり指で伸ばすと亀裂が入ります。
流石に交換しない訳には行かないでしょう。

CR6.jpg
これは、CDドライブとメイン基板を電気接続する為のFFC(フラットケーブル)ですが、こちら経年劣化で、端子と裏板が剥がれてきています。
接着剤で再接着してもNGです、交換になります。

CR8.jpg CR9.jpg
フロントパネルは、全バラしてスイッチ類のチェックとクリーニングでピカピカ
リアの放熱カバーとヒートシンクは、修理に何もしない業者はいないでしょう、必ずクリーニングします。

こんな感じで、修理は完了して行きます。

HTS 北総テクニカルサービス
TSC.png
http://irohatec.web.fc2.com/


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR