久々の車関連 日産セレナ C25 RS グリル交換

久々の車関係の記事、愛車のメンテナンスです。
しかも電装関係ではありません。

日産セレナは子供たちが小さかった頃から、初代モデルから3世代乗っています。
現愛車のC25型はモデルとしては新しくはないのですが、資金難とトラブルも少ない事やお気に入りですので永く愛用しているのですが、古い車に有りがちな外装の劣化が出て来ました。

SER1.jpg
この車の泣き所はフロントグリルの塗装劣化です。
今回の記事に車も古くなったと書いていますが、この塗装劣化は昨日今日始まった事ではなく、5~6年落ち時点で既に始まっていましたので、品質問題だと思います。
この前のC24と言う形式でも、サードミラーの塗装劣化でクレーム補修でリコール(申し出たユーザーのみ)になっていました。
原因は元樹脂から油脂が滲み出て、表面の塗料を劣化させると言う事でしたが、症状からみるとC25のグリル劣化も原因は同じでしょう。

SER2.jpg
今回のC25も、本来はメーカークレームレベルだと思います。
デーラーに定期的に尋ねましたが、何度聞いても「クレームになっていないんですよね~」の事で、非常に腹が立ちます。

妻の車も日産車ですが、やはり樹脂部の塗装退色や劣化が早くから始まっていますので、日産車の品質はこうだと言う事ですね。
私も昔から日産車が好きで何台も乗り換えましたが、次は家内も私も日産車をチョイスするかは微妙ですね~。
ウイークポイントは工業製品ですので仕方ないですが、世代や車種を超えて同じウイークポイントだったり、対処の仕方が悪いので、乗り換えに躊躇しますね。

日産さん、安全問題では無いにしても多くの同車種で傾向不良なのに、市場品質部門やメーカーの誠意が感じられなと、乗り換え需要のネタにしようとしているみたいですが、何台も乗り継いでいるユーザーを甘く見ると、痛い目にあいますよ~。

まあ、次回はメーカーを変えるとしても現車は調子自体は良い事、そうそう手放す程の資金的な余裕も無い(これが一番の理由ですが・・・とほほ)。
だけど、これでは余りに体裁が悪く、まんまと乗り換えするのも悔しい、塗装のやり直しでも、お金が掛かりますし前車のC24 と同じで症状が再発するには目に見えて明らか・・・・
よーし、それなら問題の発生し無い中古グリルに交換じゃあ~
それで、凌いで資金を稼いで他社の車に乗り換えたるー(なーんちゃって)

ネットで調査すると、どうも同じ年代の別グレードのグリルが比較的簡単に可能と言う事で、実行してみました。
◆クランケ:日産セレナ C25前期 RSグレード
◆部品車 :日産セレナ C25前期 ハイウェイスター
※後期型のグリルは、合わないので買ってはいけません。

同時にオークションや中古販売HPも探しましたが、なかなかお手頃価格のものが無く、有っても品質が悪い様で少し時間が掛かりましたが、どうにか数千円で入手出来ましたので、早速取り替えます。

さて、最初に傷んだ旧グリルを外しますが、プラスチックファスナー5箇所を外すだけで、あっけなく外れます。
SER8.jpg
空気取り入れ口のパーツの下にも、ファスナーがありますので注意です。
このファスナーは力任せで外すと破損したりする事がありますので、先ずはファスナーのセンター部分を浮かせてから本体を抜くと言う順で外します・・・面倒と思っては行けません、僅か5箇所ですから僅かな時間です。
良い仕事をしたいのなら、いい加減な事はしては行けませんよ。
SER7_20170626113402bb5.jpg

ファスナーを外したら、今度はグリル下側のボスがバンパーの誘導溝(こちらも5か所)に入っていますので、グリル全体を持ち上げて外します。
おっと、エアー取込み口が邪魔になりますのでゆっくり持ち上げて、途中でエアー取込み口をズラして(柔らかい)外します。

SER4.jpg

うーん、グレードアップしますねー、だけど単純には装着出来ないのです。

次に新グリルを取り付け用と仮装着してみるとグリル下側のボス位置が5箇所中、3箇所が合いません。
両サイドの2箇所はOKですが、センターとそのサイドの3箇所は合いません

◆センターボスは奥行きと左右位置が違います。
◆センターサイド2箇所は、左右位置はOKですが奥行き位置が違う事、新グリルの形状の関係できちんと嵌りきりません。
バンパー側に穴を開ける事も考えましたがセンター部は兎も角、サイドは浮くとカッコ悪い、オリジナルバンパーを傷付けず装着たいのでバンパー側には穴開け加工など一切しませんでした。
結果を先に言うと、取り付け後は取り付け強度に問題はありませんし、運転時の振動や位置ズレも全くないので問題はありませんでした。

と言う事で、ボス3箇所を削除します。
SER5.jpg  SER6.jpg
ボスを削除したら、ヤスリなどで出来るだけ平面にします。
センター部はバンパー本体と接触しますから表面が荒れているとバンパーが傷付きますので、固定と傷付き予防を目的に下側に厚めの両面テープを着けます。
センターの両サイド部分はバンパーから少し浮いた位置になりますので、ここにボスが残っていると酷い浮きになりますし、後方にある(ほぼ、外観から見えない)元穴に無理やり入れるとセンターが引込んでしまいカッコ悪し。
穴を開けてしまうとボスが入り切らずにボスが半分見えるのでカッコ悪し。
ボスを削除した後は、綺麗にしておかないとカッコ悪し。(今回の装着方法)
なので・・・ボス切除後の表面処理は体裁なのです。

おっと、新グリルの装着前にはもう一つやっておく事があります。
元グリルを外した後の部位は非常に汚れていますが、普段は手の入らない部位ですので固着汚れなどもあり、水拭きしても綺麗になりません。
そこで、折角ですからラッピングコンパウンドとワックスで綺麗にしてあげます。
SER10.jpg SER9.jpg
   コンパウンド      汚れています。

いよいよ、新グリルの装着でございまーす。
SER11.jpg
どうですか? 見た目はバッチリでしょう。

でも、少し粗はあります。
SER12.jpg
少し、開いているんですよね。
これは、グレードやシリーズの違いでバンパー上側の形状が微妙に違うんですね。
きめ細かなデザイン違いと言えば綺麗に聞こえますが、この程度の形状違いで2~3種類のバンパー製造の金型を造る位なら同じにしてグリルだけ意匠違いをするなどのコストダウン出来なかったのでしょうか?
やはり、日産はこう言う合理性やコスト志向は下手ですね~(笑)

まあ、ボロボロになっていた旧グリルに比べたら遥かに綺麗ですし、言われなければ分からない程度ですし・・・
開いた部分にLEDのセーフティーランプを仕込んでも良いんじゃないですかね?
私は、これで満足です。


♪ご意見、お問合せ 先♪
※ブログへのご意見、コメントはブログメールにお願い致します。
※修理などのお問合せ、HPへの移動は下記にお願い致します。
◇北総テクニカルサービスに問い合わせる ⇒クリック
◆北総テクニカルサービスのHOMEに行く  ⇒クリック


ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村へ行く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR