ギターリペア&グレードアップ計画 (アコギ その3)

RIMG0052.jpg
今日は先ず、糸巻きを全外しをした後にカバーの締め付け増しを6個共やって、糸巻きの動作感の修正しました。
これまでレバーがプラッ~って感痔だったのですが、しっかり感が出ました。。。キュッキュッって言う感じ。
そして、配列が微妙にうねっていたのをまっすぐに直しています。。。分っつかるかなぁー?

んで、またも途中写真をサボタージュです。
制作したブリッジに一次着色して、セットしコマを載せて高さ調整OK!
前後方向に少し(0.1~0.3㎜が狙い値)隙間を持たせています。
最初のページで、サンドイッチした時の提示寸法は2mm/コマ厚は1.8ちょっちmm、あくまで原寸採測定の理論値の総和なのですが、実は狙い道りなのです。
何故って?。。0.1~0.2㎜(自分の世界では、100μ~200μって普通は言いますが。。汗)のペット(PP-PE)をコマの前に入れる為なのです。
この材料をシムとして入れる事で木とコマプラの微妙な表面の凸凹を緩急して密着度を上げてくれる為、高音がシャープな音色になります。
逆に紙を入れて、アタック時の音のエッジを丸くする事も出来ます。
今回は、ボディーがジャンボでない事と音のシャリーン感を出す為、PPのシムが良いですね!

RIMG0049.jpg  RIMG0051.jpg
一旦、弦を張ってコマの高さと音の状態を確認しています。
右の写真は、まだシム入れ前ですが実施に数100μ開いているので微妙に前のめりしています。。分かりますか?

では、次回には完成!っとなりますかね?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR