スピーカーの補修

以前の仕事ですが、スピーカー補修に関する記事を一つ。。
良く、中古屋さんとかリサイクルショップ、オークションなどでギターアンプをお求めになる人も多いです
が、その魅力は価格が一番の様です。

しかし、訳あり品だったりして、これもそんな品の補修です。
何とかならないかなと相談される事もあるのですが、ーン紙の破れや劣化が進行している品物をゲッ
トされて、気になっている方からの相談ですが程度にも寄りますが意外に直るんですよ。
SP1 (1)

補修に下地の整えをしてから、専用の接着剤などで破れ部分を補修します。
大口径の場合、補強材を面接着する場合もあります。
SP1 (2)SP1 (3)

画面では補修部分が光って白く見えますが、黒色の補修接着剤で上手く繋ぎ合わせると言う感じで直し
て行きます。
痕は残りますが、高級オーディオやヴィンテージ品なども同様の直し方です。

それにしても今日は雨。。。4月に入ってから天候と気温の変化が多い様ですので皆様、体調管理には
ご留意下さい。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR