スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレキギター廃品再生で練習用を製作す(その1)

OG1.jpg
部屋に転がっていた安物エレキ。。。捨て様かと思っていたんですが自分が昔、練習用に使用して
いた事もあって、時計でも仕込んでオブジェにしようかとも考えたのですが、手持ちのパーツや残骸
があるので、子供の練習・お遊び用にカスタマイズして組んでみようと思います。。
取り敢えず、ネック反りは調整範囲で真っ直ぐに修正出来たし、ボディーもしっかりしている。

このギター、練習用と言いましたが塗装を剥がしたり改造したりの練習用にもなってくれた功労が
るんです、見て解る通りオイルステン塗装になっていて結構、渋いんです。
仕様は、単にストラトに戻すのは芸が無いので1PU/1V/1T/AMP内臓(スイッチ切換えで普通のア
ンプにもつなげる)/ゾウさん程はシンプルにはしない/場当たりアイデアをINPUTする。。などなど


OG2.jpg  OG3.jpg  OG5.jpg
先ず、ブリッジが無いので適当な物がないか手持ちを探すと単に一体型のアッセンブルがあったの
でこれを使う事にした。
勿論、シンクロトレモロは無いが無い方がチューニングは狂わないし元々、ユニットが入っていたザグ
リには、AMP回路と電池を入れるので好都合だ。。
ユニット穴を埋めます。。後ろにもビス留め様の裏打ち板を仕込み、ユニット留めの穴も埋め。
本来は本体材料にあった木を使うが、今回は「竹串パテ」。。。
スケールはオリジナルの25 1/2インチ 647.7mm(狙い値は648mm)でセットし、流用ユニットの留め穴
を5箇所、正確に開けてビスで固定!


OG4.jpg  OG6.jpg  OG7.jpg
穴埋め木材をボディーにセットしスケール位置を出して、新ユニットの装着場所を正確にポインティング
。。。取り敢えず留めてみましたが、ナットからブリッジ駒(調整中央付近)の頂点で、1~6弦までバッチ
リ、ストラトスケールを出しました。


OG8.jpg  RIMG0011.jpg

突然、PUガードが黒くなっていますが、塗装しました。
ついでにPU用の穴を大きく削除して、スピーカー用の音穴付きのカバーを装着しましたのでスピーカー
のスペースも確保しました。
写真のPUとパーツは、何に装着されていたのか?で、手持ち部品から流用します。
PUセレクターは、内部スピーカー/外部スピーカー/PUと外部直結の切換えスイッチに配線します。

今日は、ここまで!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。