エレキギター廃品再生で練習用を製作す(その2)

前回、廃品ギターの製作も進み、弦を張った状態で最終的なオクターブや弦高などの諸々調整に
入ろうかと思った矢先。。。ブリッジ浮きを発見しました。
表板にブリッジ基板を仕込んだ部分、やはり強度不足で弦の張力には耐えられない様子で1mm
に満たない程度、この感じからすると、この時状態で安定しそうですが演奏生やオクターブに必ず
影響しますので迷わずやり直す事にしました。
但し、チープコンセプトは保たなければなりませんので、杉板のブロックを整形してシンクロブロッ
ク宜しく杉ブロックで補強して強度の大幅UPを狙います。

切り出して整形したブロックと表板をセットしたところです。
この後、タフトボンドを薄塗りして、ボディー裏からブロックを接着します。
br1.jpg  Br2.jpg

接着剤が乾いたところで、表板にオイルステンで着色します。。
Br3.jpg  Br4.jpg

塗って拭く。。と言うのがこの塗料の使い方です。
タフとボンドで接着しますが、2本のスタッドボルトで強度UPさせます。
br5.jpg  Br6.jpg

裏打ちしたブロックはこんな感じで、元のザグリ部分一杯にセットしています。
Br7.jpg

全体を完全に乾燥させるまで24H以上放置しますが、その間にブリッジコマの調整イモネジを少し長
い物に交換して、弦の調整範囲を広げられる様にします。
Br8.jpg

それを見ているゴルゴ猫です。。笑い
gol13.jpg

今回は、ここまで。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR