Japan vintage TOKAI 1983 TCM-V その5

TMC24.jpg
TMC21.jpg
いきなり、凄い絵ですみません。。。
古いギターなので、いろいろ点検していると劣化している部分が見つかります。。
前回までの記事でナットやサドルを牛か像の骨にしようか迷っていたオーナーですが、取替えざるを
得ない状況になりました。

そうです、1フレット辺りの指板とネックの間に何やら一筋の線が走っていたのをあざとしく見つけてし
まいました。。
古いギターにありがちな、剥がれです。。。これは、このままでは演奏に支障をきたしますし、広がっ
て来るとろくな事になりません・・・


TMC22.jpg   TMC23.jpg
。。。で、下地確認と簡単な接着処理をして、タフトボンドで貼り付けました。。。
剥がれると当然、境目の塗装もダメですから、タッチアップ塗装を後でやります。
と、言う事で当然、ナットは外す事になりますから、それぢゃあ交換しちゃおうと言う事になります。


TMC16.jpg   TMC18.jpg   TMC17.jpg   
ちょうど、手持ちのパーツで加工出来そうな牛骨タイプがあるので、元のものから寸法を取って
罫書き~切削加工します。。サンダーやヤスリなどを使いまーす。


TMC20.jpg   TMC25.jpg
結構地味な作業です。。。
この、骨を削ると言う作業は、やった事がある人なら分かると思いますが、歯医者さんで歯を削
っている時の、あの匂い。。。なんですよね~、粉だらけになるし。
何だかんだ行っている間に作業は続き、寸法合わせは出来ました。
弦溝やオクターブ調整しながらの山切りなど、これからも結構な細かい作業が待っています。。


TMC24.jpg   
そうそう、ナット溝の古い接着剤も取らないといけない

今日は、ここまで!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR