スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Japan vintage TOKAI 1983 TCM-V その6

TMC27.jpg
さあ、ネックと指板の接着が十分乾きましたので、塗装面のタッチアップをします。
補修は終わっていますが、如何にのヒビが入っています風の感じになっていますので体裁面から
少しばかり分からない様にしましょう。
反対面も同様ですので、そちらの画像は省きます。

TMC28.jpg
古い塗料が剥がれると、木面の表面の着色も剥げた様になって見えるので、多少の着色をしてか
上塗りクリアーを塗ります。
先ずは木面の色合いを見ながら、近似色を作ります。

TMC29.jpg
細筆で少し多めに塗って、サンドをかけます。

TMC30.jpg
綺麗に溝が着色されたら、更にクリアーを塗って乾かし、研磨→磨き→艶出しと言う感じで仕上げ
て行きます。。

これで、ネックのはがれ補修と体裁作りは完了しました。
次は、牛骨ナットにサドルの装着です。

TMC31.jpg   TMC32.jpg   TMC33.jpg
予め寸法を取って外観を作ってあったナットを最終的に整形した後、オリジナルと同じ位置に弦溝
を精密ヤスリで形成しテイクのですが、弦が乗る半分程の深さで止めます。

TMC35.jpg   
サドルの方も同様に仕上げておきます。

TMC36.jpg   TMC37.jpg
画には有りませんが、ナットは何度も位置に乗せては、角度と密着性を確かめの繰り返しでビタッ
と乗るまで繰り返します。
決まったら、タフトボンドをかなり薄めに塗り(ネックとサドルの両方)、慎重にナットを接着します。
弦位置や高さを決める部分なので、キチーと接着します。

今回は、ここまでですがこの工程が終わると。。。
次に実際に弦を装着して取り敢えずチューニングした後、ネック反りの確認/ナットとサドルの高
さ位置と1F・6F・12Fの弦とフレットのギャップ確認をします。
ギャップに問題が有る場合、ナットの弦溝の深さ調整+サドルの高さ調整をバランス良く調整削り
して行きます。
一方の削りで弦高調整をやっても、この後のオクターブ調整をした時、サドルの角度を微妙に削り
ますからオクターブ調整が出来たにも関わらず、やたら弾きづらいものになっていたりします。
ギター調整に出したんだけど、弾きづらくなったなんて言うケースはまず、こんなチグハグな調整が
原因だったりする事も多いと聞きます。

次回、完成ですかね。。。問題が起きなければ。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。