FC2ブログ

Guyatone GA-300B ベースアンプ 修理 点検 オーバーホール 終了

ZIP21.jpg
完了しました。

前面のサランネットが汚れているので交換、またはデザイン変更するか。。。。迷って取り敢えずオリジナルで
と言う事です。


ZIP20.jpg
後面です。
今回、増設したスピーカー端子とフォンプラグが純正の様になって違和感が無いでしょう。
今度は、要らないヘッドフォン端子をLINE-OUTにしたいと言う事でしたが、サランネットの交換の時にでもと仰
っていたので、お待ちしております。


ZIP11s-.jpg   ZIP15s-.jpg
内部は前回の通り一部の回路機能の回復の為、部品交換をしましたが保管状態が悪くなかった為か特に大き
な問題も無く、劣化した部分や補強の為のハンダ修正や基板保護材の塗布などを中心に軽めな内容で終わり
ました・・・内部も埃やススだらけでしたが、ビカビカにしてあります。

ハンダ付けですが・・・電気屋さんから見るとダメダメなハンダ付けをする方は多いですね~。
DIYセンターで買って来る様な電気工事用のハンダコテで、電子回路なんてまともに出来る訳無いです。
我々は場合によっては0.4mm間隔100品以上のICのリードや0.数ミリの部品を何十、何百と手でハンダ付け
しますから、こだわりや知識は凄いですよ。
それでも部品の装着位ならまだ甘くて、0.3mm線を3000本ものリード線でマイコン基板何かを製作したりしま
したからねぇ・・デバック時のミス配線なんか合った日にゃあ、頭が狂いそうにったものです。。
今じゃPWB(基板)が気楽に製作出来る時代ですから、そこまで苦労しませんが。。。

ハンダ付けは、即ち「金属の合金化」ですから、きちんと理論や材料を学んで繰り返しトレーニングしないと
全くダメで、趣味や学校で。。なんて程度じゃ、電気会社の実装ラインで働く女性の足元にも及びません。

説教ぽっく、終わってしまいましたね。。。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北総テクニカルサービス

Author:北総テクニカルサービス
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さんです。

現在、複数の技術者でグループを形成しており、オーディオ機器や様々な機器の修理サービスをしている技術屋集団の窓口です。個人様の修理受けから法人の修理外注と様々な活躍をしており、もしかするとあなたの街の中古ショップや有名修理店などの修理を担当しているのは私達なのかも知れません。直接ご依頼されるお客様にとっては中間マージンが無い分、コストは安いのかも知れません。

弊社HP、ブログ、宣伝などは全て手作りです。
確かに地味ではありますが、事務所経費や光熱費、HPや宣伝用品、広告などこれらに掛かる経費はお客様の修理ご対応価格に必ず反映されてしまいます。
過剰な経費を掛けず、されど修理や技術の品質は落とさずを心がけています。

ブログ記事は、業務や日常の何気ない事柄など、徒然且つ気分次第にブログの更新をしています。
記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR