スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOSE SSS-1 光ピックアップ 交換修理

BOP00.jpg
最近、徐々にオーディオ製品の修理依頼が増えています。
CDが読めないので直したいとの事、お問合せからのご連絡ですがお客様への症状の問診から
いくつかの原因を推測し、いくつかの修理パターンと簡易的な予測見積もりをお話しさせて頂い
たところ、兎に角送るので原因が分かり、修理出来るのならば見積もりが欲しいとの事で、応じ
ました。

内部の確認から、光ピックアップの劣化による出力不良との事で、部品交換と調整になる事、修
理費用の概算見積もり提示しました。
そのまま、修理して欲しいとの事で正式に修理対応させて頂きました。

先ず、CDはテスト用に使用している一般市販ディスク(予め特性の測定はしてあります)などで読
込み確認し、適当なタイトルの物もいくつか使用しましたが尽くダメでした。
そこで、基準信号Disk+オシロスコープでRF波形にチェックをしましたが、規定値の2/3程度。
BOP0s-

次にピックアップの出力調整VRを10度程度ずつ回転させて、出力が改善されるか確認しました。
最高でLowerVppの90%程度まで改善される様ですので恐らく、一般ん音楽メーカーのスタンプDisk
であれば、普通に読めそうですが傷の多いDiskやレンタル物、粗悪な安物タイトル(良く本などにつ
いてるCDや輸入物の怪しいDisk)などは、音飛びがあるかも??
まして、調整VR一杯ですからレーザー自体はもう精一杯で永くは持たないでしょう。。。

お客様にその辺りを説明して、部品交換となりました。。。まぁ、修理代金が変わるので勝手に交換
出来ませんが、片手内から+アルファ千円程度なので交換がGoodですね。
・・・と言う事で交換と調整でGOです。

BOP1s-.jpg
ピックアップ交換の為、本体からCDドライブを抜きました。。

更にBUアッセン→局所脱着と進みます・・
BOP2s-  BOP3s-

新旧部品の比較。。と言っても同じ物です。。
軸を入れたり、ギヤを再組したり・・・細かい写真は省きますが各部の脱脂とグリスアップ、あたり
確認や子部品の調節・確認など一応、プロらしい事は一通りやっています。
BOP4s-  BOP6s-  BOP7s-

ささっと仮組みして基準ディスクでRF測定しましたが、さすが新品だけあって規格値センター辺りで
バッチリな値が出ていました。
BOP8s-

この後、セットの局所の清掃やお客様のご要望点の残りをテキパキと進めて、最終的に動作確認と
数時間の動作検査他を全て実行して、めでたく完成しました。

光ピックアップには、レザーパワーの調整用の小さなボリュームがあります。
Webを見ると自己責任で調整をやって方ばかりですが、一般に測定器や知識がないと危険です。
レーザー光線ですからフルパワーで発行させれば、あっという間に劣化して使い物にならなくなりま
すので、様々な測定・調整・知識などの環境が整わず、いじるのは止めたいですね!

次も古いオーディオが待ってる~

TSC.png
http://irohatec.web.fc2.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。