BOSE PLS-1410 修理対応

1410_1s-.jpg
どう言う訳かここのところ、BOSE製品の修理や整備依頼が続けて来ています。
先ずは、CD機最後のモデルPLS-1410ですが、最近になってDiscトレーの出入りが遅かったり
Disc(CD)の読込みが悪いと言う事での相談です。

実はBOSE製品はラジカセやレシーバーなどの対応経験が結構ありますので、内部構造やウ
イークポイントなどの傾向を把握していて、お問合せ時の内容だけで大体は正確にお答え出
来るのですが、実物も見ないでいい加減な事も言えません。
ウチでは最初の見積もりよりも、実物診断後の金額の方が安くなったりする機械です。(^^i

1410_4s-.jpg
品物を受領後に動作確認をし、病巣を確認する為にささっと分解。

トレーの動作が緩和なのはトレー駆動用のゴムベルトが経年変化で伸びてしまった事でした。
1410_2s-.jpg  1410_3s-.jpg

ついでに半バラシの状態でCDドライブの動作を確認しましたが、CDの読み込みが悪くなっていた
のはピックアップの劣化ではなかったです。
CD-INしてからの凡その動作を解説しますが、トレーが奥まで入った後にトラバースアッセンブリー
(ピックアップ・ピックアップ駆動モーター・Disc回転モーターのユニット)を上げてDiscをチャッキグし
た後、レーザーを光らせて、その反射光でDiscの有無を認・・・Discが無ければパネルにNO-DISC
などの表示。。Discが有ったらDiscを軽く回して内周側のTOCを読みに行き、その結果(何分とか、
何曲とか)をパネルに表示。。と言うアルゴリズムで、大体はどこのメーカーも同じ様な初期動作を
します。

今回のセットはトレーがユルユルと力なくINする事で、最奥にまで到達出来ずにトラバースアッセ
ンブリーが微妙な位置で上がり切らない為に一連のDisc認識動作に移行出来なくなっていました。
勿論、ゴムだけのせいではなく、周辺のギヤやメカ周りのグリスが少なかったり固着していたりし
たので、設計上で重力に任せるはずの機構部分が渋くなっていて、その相乗的な作用と言えます。

この辺りを改善して、全く以って普通に動作・Disc再生する様になりました。
RF出力などを測定すると、規定値の7割しか有りませんでしたが市販Discであれば、問題無いで
しょう。
但し、レーザーは一定値を超えると急激に劣化します。
このセットのレーザーも調整すれば8~9割に出来ますが、これがお客様のご希望ならそうします
が私はお勧めしません。

規定値の1割ダウン程度なら、調整で賄いますが3割落ちですから調整しても永くは持ちません。
CD-Rなどを良く使う方なら、どこかで一気にダメになる事もあります。
幸い、この機器のピックアップは高くないので、どうセットをバラすのですから工賃が高くなる事も
ないので、永く可愛がりたいのであれば、片手以内で済む部品代ですからご負担をお願い致しま
した。(強要?)

1410_5s-.jpg
この機器を大事にしたいと仰る理解のあるお客様だったので、思わず前面パネルの内部クリンアッ
プをサービスしました。
機械を可愛がる人を私は尊敬しています、それは生活の中の様々なシーンでオーナーの為に働い
てくれる機械はどこか健気じゃないですか、この健気な機械を労わってくれるオーナーを尊敬しない
訳には行きません!ほんの私からのプレゼントですかね?

では、次もBOSEです。


◆北総テクニカルサービスのHOMEに行く
TSC.png
◇北総テクニカルサービスに問い合わせる


ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村へ行く




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR