スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DENON DCD-3300 修理委託

DCD1.jpg
今回は、ピュアオーディオの修理。
「CDが読めない、トレーのオープン・クローズが遅い」を修理せよとの指令です。

お客様の仰る不都合確認をしたところ、確かにその通りでした。
取り敢えず、ピックアップのレベルを確認します。
DCD2s-.jpg
やはり、レーザーが劣化しているかトラッキングが上手く行かないか・・・でしょうね。

DCD3s-.jpg DCD4s-.jpg
セットを分解して、CDドライブのメンテナンスに入ります。
今回記載は致しませんが勿論、それ以外の部分のチェックとクリーンアップはしますよ。

DCD5s-.jpg
経年の割には、比較的綺麗でしたがスス汚れはお約束です。
トレーIN/OUTが遅いとの事でそちらを先に。。。

DCD6s-.jpg
トレー問題は、経年で劣化したグリス固着・グリス切れ、イジェクトベルトの劣化によるスリップ
でしたので、大きな問題は有りませんでした。
この部分は、メンテナンスと言う事で殆ど全バラして、パーツを確認しつつ油脂削除と追加、微
調整で問題なくOKでしょう。
そうそう、以前に同じ機種のメンテをしましたが、トレー駆動の複合ギヤーの破損と軸受け穴の
亀裂と言う例があって、修理が大変だった事があります。
材質に依っては、経年破損する事も有りますね~。

DCD7s-.jpg  DCD8s-.jpg
ドライブの心臓部であるトラバースアッセンブリーです。
相当、重くてガッチリしています、当事のDENON(デノンではなくて、デンオンの時代)の設計者
の気合が感じられます。
今回、スピンドルやVCM関連の部分には問題が無さそうですから、こちらもメンテナンスと言う
範囲で完了です。

さて、元気の無くなったピックアップの交代です。
DCD9s-.jpg
このピックアップは大変、貴重な物です。
苦労して新品をどうにか手に入れられましたが、中々そこいらで手に入る品物ではありません。
値段も数万円します。
旧機種・名機とは言え、機種に依っては全く手に入らないピックアップも多く悔しい思いをした事
は何度もあります。
先日、とあるお問合せで、部品入手の困難から修理をお断りせざるを得無かった案件で、お客
様に大変な残念な思いをさせてしまい私自身、悔しかったです。。
CDの創世記1980年代半ばまでのセット、部品入手が大変、厳しいです。

DCD10s-.jpg
ピックアップ交代で、見事に復活しました。
この後、フォーカス・トラックのオフセットやゲイン、スピンドルRPMなどの微調整を経て終了。

最後に、予め点検補修された電源とメイン基板をクリーンアップされたシャーシと、このドライブが
シャーシにセットされ、総組み後の長時間試験を経てお客様のお手元に帰って行きました。

めでたし、めでたし!

HTS 北総テクニカルサービス
TSC.png
http://irohatec.web.fc2.com/


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BOSE PLS-1510 修理対応

1510_1s-.jpg
このシリーズで、DVD/CD対応になったモデル BOSE PLS1510です。

残念ながら、「記事は書くな、だけど載せろ」と言う事で短編です。
Disc認識系のNGの対応です。
1510_4s-.jpg
随分とDiscドライブもコンパクトになりましたね。

1510_3s-.jpg
これがDisc複合機のPUです。。。

と言う事でお客様のご希望で、記念写真の掲載のみで~す。


◆北総テクニカルサービスのHOMEに行く
TSC.png
◇北総テクニカルサービスに問い合わせる


ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村へ行く

CD プレーヤー 修理 ピックアップ 

CDM4.jpg
CDが読めないとか音飛びなどの修理依頼・相談のお客様も多いですので、話題に上げてみました。

画像は、とある高級機種の修理中映像です。
正確には、DVD/CD機器なので純粋なCDプレーヤーではないのですが、最近はこう言う映像ハイブリッド
機器も多くなりました。

BD/DVD/CDなどのディスクプレーヤーには、必ず寿命があります。
使い方や使用環境によっても随分と寿命も変わりますね、あまり高温環境や傷が多くて途中停止ばかり
する様なディスクを使っていると、少なからず寿命に影響します。

CDM1-.jpg
これは、普及機器のCDドライブの心臓部です。

CDM3.jpg
光ピックアップに問題が有る場合は、心臓部をバラして部品交換になります。
機器の経年変化による光出力の自然低下もありますので、機器の現状と化やお客様の使用
のインタビューによっては、回路の調整で生き返る場合もあります。
これは前述の使用環境を加味して、CD規格値の何パーセント以内外と言うボーダーを以って
交換か調整で行くかを決めています。

CDM7.jpg  CDM8.jpg  これはピックアップの出力画像で、いわゆるRF信号と言うものです。
これだけで判断出来ませんが、現状性能のバロメーターとして標準的に確認する信号です。
左は規格内の出力に達していない不良品、ディスクが読めたり読めなかったりする状態にな
ったもの、右は良品です。

但し、波形はリンキングやジッター(波形がグニャグニャ動いたり、ピクピク跳ねたりする)、
一定間隔の正確な波形の繰り返し(アイパターンと言います)も一緒に確認しますので、静止
画は、あくまで瞬間の目安なのですが。。。

ディスクの反射信号なのでディスクの造りに左右されますから、普通のディスクで測定するし
ても目安程度にしかなりません。
基準ディスクと言われる信号/反射規格ディスクで測定するのが普通ですが、手持ちディス
クのデータを取って補正値の設定をして見られる方もいますね。
良く、手先の器用な方のブログなどで自分なりに調整して、手持ちディスクの再生が出来た
から良しとしましょう的な調整は、いきなり読めなくなったりピックアップが焼き切れたりする
リスクがあるので、業者としては測定器無しに調整や確認は出来ないですね~。

CDM4.jpg  CDM6.jpg
高級なディスク機器は、ドライブそのものに高精度のメカを使用する事も多いです。
ピックアップは、ご存知の通り前後に可動します。
殆どの機種は、ラック&ピニオン的な接触型の動作メカで駆動しますが、リニアモーター宜し
くしく磁気浮遊型のメカもあって、こちらの機器はピック交換では必ず詳細な調整をします。
焦点角(タンジェントとかスキューなど)やトラック時のゲイン、スピンドルスピードなど、最低
4項目は確認します。
一方、最近のプレーヤーは技術的にかなり高度になって、この部分の調整をAGC(自動調
整)する機器が殆どですので、信号は確認しますが修理にかかる時間が短かくなって来まし
たね。

お客様曰く、ディスクが読めないものがあるんだよ、修理して下さい!
いやいや、プレーヤーの問題だけではありませんよ、そのディスク大丈夫ですか?
大体のお客様は、ディスクに傷が見当たらなければ機械の方の問題と決めてお話しをされ
る場合が多いです。
無理もないですよね、傷が見当たらないんですから・・・
でも、ディスクも確認した方が良いのでは?
レコード屋さんで購入したメーカーディスクでも・・・本に付属の・・・CDR・・・?
いやいや、様々な例を見れば、そうだったのかぁ~って方も多いのでは???

・・・で、次回はディスクのお話を少ししますね・・・ぢゃ!

TSC.png
http://irohatec.web.fc2.com/

中古 ETC 装着

今回は、ETCの取付けをお願いしたいとの依頼で、久々の自動車電装品に手出しです。

旦那様が以前の自家用車に装着していた物を奥様の自動車へ移植したいとの事ですので
申請の方法などをお教えするところまで、お願いしますとの事。。。

ETC.jpg
この機械は同じ物を私も使用していて、取り付けなどは勿論、自分でやりました。
非常に気に入ってます、しゃべります。。。。料金はいくらいくらですってな感じで良いです。

取り付けは、何台・何種類かの経験があるので難しくはないのですが、何せ車の内装を引っぺがして
電源系/アンテナ系/本体設置などしなければならないので、そちらが大変。。。
高級車だと内装がコテコテだったりして、メーカーのサービスブックを拝見したりしますが、大衆車なん
かは割と単純に行けます。
まあ、自動車は若い頃から好きで自分・友人・親の車を厭わずに壊す程にいじくり倒して来たので、内
外装の造りなんかのお決まりは大体分かります。。。

ETC1.jpg
電源は、装着されている純正のナビから頂きましょう。

ETC2.jpg
このエレタップと言う奴は、あんまり好きではありません。
実は、きちんとしたコネクターが好きなんです。。電気屋さん達、何故か分かりますよね?
信頼してないんですよ、こう言うタイプの接続端子は。。。

ETC3.jpg  ETC4.jpg
グランド(車屋さん的には、アースと言うんだよね。。)も同じところから拝借して、全体の線材をコンパクト
にまとめたら、ナビを装着した後に、ナビの放熱ファンの遮蔽や車の空調レバーに接触しないところにま
とめて仕舞い込みます。
決して、素人の様に適当なスペースに押し込んではいけませんよ、ABのお兄さん・・・(笑)

ETC8.jpg  ETC6.jpg  ETC9.jpg  ETC7.jpg  ETC10.jpg
アンテナの設置です。
アンテナ本体は、ルームミラー裏のフロントウインドウ内側に設置するので簡単。。。
アンテナはETCステーションと電波通信するので、アンテナ仰角に範囲がありますが、付属のレベルを使
用すれば。。。って、中古なんでそんな物は既に無い!
でもまあ、レベラーどうにか角度出し・・・Cosθの計算でも出るので簡単!
アンテナ線は、内装に這わせますので、天井内装~Aピラー~ダッシュボードへささっと内装を剥ぐって配
線して行きます。

ETC11.jpg
ETC12.jpg

本体は、ご希望で目立たないところに設置しました。。
ダッシュボードの下側にアンテナ配線他をして行きますが、様々な操作ワイヤや可動部などもありますので
それを避けて行きます。
内装は、どんどん剥がした方が作業性が良いと共に内部に溜まった埃や汚れも取って行きますので清潔に
なりますよね。。。元に戻せないと悲惨。

後は、中古品なのでいきなり使用出来ちゃいます。。でも、いけません!
ETCは、車一台一台に帰属しているので、必ず装着車の記録で登録しなくてはいけない法律です。

以前、軽自動車で登録したETCを乗用車に装着して有料道路を走行して捕まった方がいますが、分からない
だろうと思ったら、甘いです。。
道路公団は、ETCゲートのカメラと照合したりして、きちんと見ています。
詐欺とか窃盗とかで、あっという間に御用ですね。。。今は、悪い事は出来ません!

と言う事で、お近くのカーショップに行って、申請を依頼しましょう!
持ち物→免許証・申請料金・取り付けた車と車検証・ETCのマックID(って言うのか? 機器の形式登記番号)
の5アイテムがあれば、安心。。。
申請店によっては、ここまで揃えなくても良いと言われるケースもあります。
ただ、ウチで購入したものでないと申請しないと言うお店があったら、迷わずその店で今後の買い物は止めま
しょう、何故かって?。。お上の通達で、拒否してはいけないルールでからでーす!

まあ、素人取付けだと取付け状態や正常動作を確認されるかも知れませんね???
お店には、ETCテスターがあってきちんと双方通信を見てくれる場合も有りますね。。全店でやってるのかは?

次は、オーディオの仕事をUPしようかな?

TSC.png
http://irohatec.web.fc2.com/

Japan vintage TOKAI 1983 TCM-V その1

TM1s-.jpg
キター!(^n^) 私の大好きな Japan vintage !
特に演奏上の問題は無いけれど、点検とクリーンアップをして欲しいとの事で早速、お受け致しました。

TM2s-.jpg
東海楽器 1983年製 TCM-Vシリーズ 1年強で数百本程度の貴重品!
マーチンD28のコピー物ですが、そんじょそこらの形ばかり似ている物とは、ちと違~う!
基本は1940年代のマーチンD28初期モデルの呈ですが、ほぼブリージングやパーツはフルコピです。
何せ東海のアコギ設計・製作者が、本家のマーチン社に乗り込んで直伝された技術・ノウハウで作成
された一品です。

TM3s-.jpg
んで、前置きはこの位で。。さあ、始めましょかぁ~
画像は撮り忘れたんですが、既に弦・ペグ・弦留めなんかは、サラッと外しています。

これもまた、撮ってないんですが、固体のコンディションなども既にチェックして何をしようか、決めてい
ます。
・ナットとブリッチを牛骨にグレードアップしたいんですが、必要なしとの事。。トホホ
・フレットはコンディションが良く、固定的に弦溝が殆ど出来ていないので交換しないで高さ調整・清掃
・ボディーは、全体に細かい傷があるので特殊クリーナーでし表面を軽くポリッシュ
・ネックの反りはほぼ無いので、ロッドの具合の確認だけで良さそう
・後は、臨機応変に。。。お安く、必要最低限でとのご依頼

TM4s-.jpg  <TM8s-.jpg
まあ、普通の楽器屋さんのメンテですな。。

TM6s-.jpg  TM7s-.jpg
ポリウレタン塗料なので磨きは比較的楽だけど、やはり本物に拘った品らしく、塗膜は薄い感じ。。故に
あんまり積極的にクリアーを削らず、表面のザラツキを消す程度にしておく。
左画はサラッと削ったもの、右画は施工前。。。写り込んだ蛍光灯のシルエットが施工前はボヤ~ンと
しているのが分かるかな??

TM9s-.jpg  TM10s-.jpg
指板もせっせとクリーンアップ&ケアして、お肌しっとり!

TM11s-.jpg  TM12s-.jpg
普段はHケースで保管しているのに、弾いた時だけに立て掛けているスタンド…戸棚との事(。。i)
で、傷がついてしまっていますね~。
これも、削って塗って…と大袈裟にせず軽く磨いておいて、、、と言う事でしたのでサラッとポリッシュ
して、線傷を薄くしました。
左が入荷時で、右が軽施工した画ですな。。。

本日は、こんなところでしょうか?
次回は、ペグやブリッジなどの磨きや調整~再装着って予定です。

では~
プロフィール

The Sky Breathes

Author:The Sky Breathes
大手電気メーカーに永年勤めた電気・メカ、2足の技術屋さん。
現在は、自営で電気機器や機械類の修理、設計の仕事をしています・・・
何でも直しちゃう事とロープライスが自慢。
業務の出来事や趣味の音楽、機械いじり・大工・園芸~友達や家族との日常の出来事、徒然に書いています。

記事に関しては、お客様・友人などの許可を得られた場合のみ、記載しております。

リンクや感想、ご質問など大歓迎!。。メール下さい。
HPはリンクの「Technical Service」から

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。